スパイダーマンの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

スパイダーマン2002年製作の映画)

Spider-Man

上映日:2002年05月11日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.7

「スパイダーマン」に投稿された感想・評価

まず、クモに噛まれます。
ちばば

ちばばの感想・評価

3.4
ウィレム・デフォーの演技が素晴らしすぎて…
普段は吹き替えがが多いのですがウィレムが出るシーンのみ字幕で見直した。
特に鏡で自分と話すシーンが圧巻。

昔のヒロインらしいヒロインとヒーロー
昔の作品をみると近年の女性像・ヒロイン像の変化を如実に感じる。

スパイダーマンがビルのなかを飛びまわっていく最後のシーンがカッコいい
みかみ

みかみの感想・評価

3.5
懐かしい
ところどころ古く感じた(回想の演出とか)けど面白かった
Narin

Narinの感想・評価

4.3
小さい頃から何度も見た。
スパイダーマンになる過程で、へなちょこピーターが次第に真のスーパーヒーローになっていくのが感動的だし、刺激的。

見すぎて悪役を演じたウィレム・デフォーが苦手になった(笑)
ちょっと長いな…と思ってしまった。笑
デフォーさん目当てで見ましたがキャラがどれも魅力に思えず…。私には合わなかったかも!ほかのスパイディも見てみます。
ただお馴染みのビルからビルへ飛び移るシーンはやっぱりかっこいい!
Tao

Taoの感想・評価

3.7
改めてフラットに考えると、蜘蛛をヒーローにしちゃうアメコミの発想マル
esuran

esuranの感想・評価

3.6
なりたくてヒーローになる場合と、なれるからヒーローになった場合と、なりたくないしなれるけどヒーローにならない場合とがあると思うんだ。

彼はなれるからスパイダーマンになってみたけど、大いなる責任が伴うわけで、彼がスパイダーマンになることによって、悲しい出来事が増えるわけですよ。

印象としては悲しい映画だな、と。結局、彼がスパイダーマンにならなけりゃ、まわりは巻き添え食らわないわけで…。と、とことん悲観的に観てたけど、大いなる責任を負うことを選ぶあたりには、ヒーローとしての自覚が芽生えたのだなと見直さざるをえなかった。そこは、あっぱれだよ。おじさんとの問題もちゃんと昇華してくれたのは個人的にはほっとした。

映像もなかなかスリリングで、ここから現在までの進化を考えると、貴重な一作品なんだなという気がしました。
u

uの感想・評価

-

記録!

編集中
夏休み記録