おおみや

殺しの烙印のおおみやのレビュー・感想・評価

殺しの烙印(1967年製作の映画)
3.8
まずオープニング曲が
「女を抱いて来たのか?」「あたりけヨォ」「湯たんぽを抱きな(バキューン)」
な時点でヤバイ映画だった

仕事をしくじった殺し屋が命を狙われるハードボイルドで単純なストーリーが
白黒のこれまたカッコいい演出と
女と男の色気、そしてそれに勝るご飯の色気、
キメッキメにキメきれてない謎のセリフ群に
想像の上か下かよくわからんとこをいく展開の数々で
奇想天外ナンダコレハヤバイ映画と化したっっ!
なのに見た後はなんかすごいカッコよかったと思ってしまう
なんだこれ!笑

聞くところによるとランティモスが好きらしい
どこからか覗き見てるようなカメラや、笑えばいいのかわからない変な居心地はちょっとわかるかも?

監督のインタビューを見たら感情移入なんてするもんじゃないんですって
変な映画だよ

自分はナンバー1との同棲バトルが好きだった 笑笑

ただし鳥好きを自負する自分、鳥を殺るのだけは許せねぇ…しかも文鳥ときたもんだ…飯を炊けェ…