晩春の作品情報・感想・評価

「晩春」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

-
2017年最初は小津安二郎の名作から

父親と一緒に過ごしたいと願う娘と、娘のことを想って嫁に行かせようと画策する父親の話

京都での夜、宿で2人が語り合うシーンは、ドラえもんの「のび太の結婚前夜」思い出した
再婚に対して、あんなに嫌悪感を抱いてたのに、なんで急に態度が変わったのかなと
謎な部分もあったけど、
いとこの男の子とじゃれるとこはきゅんときた。
1980年10月23日、高田馬場・ACTミニシアターで鑑賞。 

初見は、大学生の時であったが、その当時観ても、娘が嫁ぐ時の父親の切なさがジンジンと伝わって来た。 

今、娘のある父親になって久しいが、娘が嫁ぐ時は大変な気持ちになりそうで、今から怖い…
「良い映画」だと思うけどこれを見て、小津映画に共通する、ジェンダー観というか家族観みたいなものの違和感を決定的に意識するようになった
鯵

鯵の感想・評価

-
開始してから三十分で寝た。
小津節!はい!以上!
Hikaru

Hikaruの感想・評価

4.3
このお父さん大好き、
でもこんだけ結婚しろ結婚しろって言われたら、
自分が邪魔な存在みたいで辛いだろうな、、、

日本の良さが凝縮されたような素敵な映画
a

aの感想・評価

-
戦後なのにすごい。

台詞が面白かった
特に熊太郎のシーン
Qbrick

Qbrickの感想・評価

5.0
小津さんの様々な技が観れる傑作。
「反映画」の真骨頂。
今、こういう映画を見ると、「古き良き日本の…」みたいな感想を抱きがちだけど、作品が作られた当時そういう意図はどれくらいあったのだろう。
>|