晩春の作品情報・感想・評価

「晩春」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

-
2017年最初は小津安二郎の名作から

父親と一緒に過ごしたいと願う娘と、娘のことを想って嫁に行かせようと画策する父親の話

京都での夜、宿で2人が語り合うシーンは、ドラえもんの「のび太の結婚前夜」思い出した
ゆうと

ゆうとの感想・評価

4.4
良い。めちゃくちゃ良い。
早くに妻を亡くし、それ以来娘の紀子に面倒をかけてきた大学教授の曾宮周吉は、紀子が婚期を逃しつつあることが気がかりでならない。周吉は自分が再婚すると嘘をついて、紀子に結婚を決意させようとするが……

『東京物語』『麦秋』の
!!小津安二郎監督!!
による父と娘のホームドラマ。
日本を代表する名監督を未だ観てないと怒られちゃいそうなので鑑賞。


「お嫁に行ったってこれ以上の幸せがあるとは、あたし思えないの。」


小津監督作品初挑戦。
大きな展開や動きのある映像ではなちのだが、心の奥底の方にじんわり…と染み込んでくるジャパニーズソウルな作品であった。
なかなか嫁に行かない娘とそれを心配する父の会話を中心とした物語なのだが、最初は

「アクションとかサスペンスの洋画ばっかり観てる自分には絶対向かないだろうなぁ……」

なんて身構えていたら気付いたらニコニコしながら見ている。そーっと懐に入ってくるような空気を醸しているのだ。
作中のセリフが小気味よくて聞きやすい。
くだらない会話かと思ったらズシンと響いてくる。小津監督さんはこういう会話劇がすきなのね。

父の役は笠智衆。
この人小津作品にめちゃくちゃでているらしいので今後要チェック。黒澤監督の『赤ひげ』も良かったなぁ。
娘役の原節子も良い。
お茶目で可愛らしい娘さん。
うん、こんな子なら僕が嫁に貰いたかったです。
微笑みながら
「おじさん、不潔よ(*¯︶¯♥)フフ...♪*゚」
とか言われたい。へへ、不潔なおじさんです。

自分が父親になったらより染みる作品なんだろうなぁ。
初の小津作品は意外と好きだったので次に挑戦してみよう!
それにしても多いので何を観ておくべきなのか……
『麦秋』『東京物語』あたりは既にみるつもりですが、他になにかオススメあったら教えてください!

古き良き邦画を見たい人、小津安二郎監督の作品を見たい方、そして娘の嫁入りが心配な優しいパパ諸君にはオススメの作品。
父子家庭で娘の結婚を心配する父親と父親の元を離れたくない娘。
娘を想う親心がひしひしと感じられる作品でした。
東京物語といい、観終わった後の哀愁が凄まじく良かったです。
穏やかであたたかみのある、日本的な美しさに溢れた映像にひきこまれる。
登場人物の日常会話が面白くて、くすっと笑ってしまうシーンもあった。
「なるんだよ。幸せに」、 お父さんの、娘を想う穏やかで静かな愛情と優しさ…
父娘の関係がとてもうつくしいなあとおもった。娘が嫁いだ後、ひとり林檎の皮を剥くお父さんの表情が、印象的だった。
娘役の原節子がとても可憐できれいだった。
A子

A子の感想・評価

4.0
あんな姿観たら一生親離れできない
kai

kaiの感想・評価

3.9
最後のお父さんの哀愁はすごい。娘を持つお父さんは最後はあんな気持ちを絶対迎えるんだろうなぁ。。

このレビューはネタバレを含みます

お父さんは耳をすませばのお父さんみたいでした
>|