晩春の作品情報・感想・評価

「晩春」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

-
2017年最初は小津安二郎の名作から

父親と一緒に過ごしたいと願う娘と、娘のことを想って嫁に行かせようと画策する父親の話

京都での夜、宿で2人が語り合うシーンは、ドラえもんの「のび太の結婚前夜」思い出した
かがわ

かがわの感想・評価

4.0
ラストの壺のシーンが、近親相姦の欲求を父のいびきでかき消された娘の心情には見えなかったです。蓮實重彦先生。
玖部陸

玖部陸の感想・評価

4.0
見ること、見られること、映らない階段、二階の机の配置
これを見せてきた講師は家族愛について呑気に語っていたが、これ一種のホラーでしょ
旅先の京都の宿でマリッジブルーになる紀子を優しく諭す父親のシーンが秀逸でした。娘の幸せを願ってやまない周吉の親心と暖かい眼差し。こんなお父さんがいれば離れたくないという娘の気持ちも分かります。これからお嫁に行く女の子や、嫁いだ先で今日までを暮らしてきた奥さん方、娘を送り出したことのあるお父さん方が観れば感涙モノだと思います。

周吉役の笠智衆さんの、素なのか演技なのか分からないようなトボケた感じがとてもいい味出してました。

ところどころに上品なユーモアが散りばめられており、劇場内でたびたび笑いが起きているのが印象的でした。小津さん、ウケてるよ!
時代や環境の変化は激しいですが、人の心の機微のようなものはそうそう変わらないですね。

映画は時代を記録する。映画女優が銀幕のスタアだった時代。原節子さんの大写しが多く、女優映画という側面も多分にあるように思いました。

インターネットどころかテレビすらなく娯楽の少ない時代、劇場のスクリーンで観る美人女優はまさに雲の上の存在であり、当時の大衆にとって今の時代からは想像できないほど素晴らしい体験だったのだろうと思います。身のまわりにモノや情報があふれる時代、新鮮な感動を見つけることはだんだん難しくなっているのではないか、本当の幸せって何だろう?と、そのようなことも考えさせられました。

紀子と服部さんとのツーショットは、絵ヅラ的にイングリッドバーグマンとゲイリークーパーを意識した感じでしたが、クーパーの方はまさにそのままネタにされてましたね。でもあくまで「ふんいきクーパー」という感じで、ハリウッド俳優と比べるには若干貧相な感じもしました(笑)
よすぎて死んだ
泣いた
なつ

なつの感想・評価

5.0
小津4Kの2本目は、“父と娘”の深い愛と絆を描く本作。
あたたかく、まあるく、やさしく、いつくしみ、そんな感情に包み込まれて…
勝手に涙がこぼれおち、心地好い。
父親と叔母、叔母と娘、娘と友達、それぞれの会話とやり取りが秀逸で、会話のテンポ、センスの良さに唸る。
父娘の心持ち、父親の丸まった背中、リンゴのシーンは涙が止めどなく流れる。
この緩急が完璧なんですよ、極上の映画を観たなと思うと同時に、面白かったと思える素晴らしい映画です。
上京して最初に行った場所は“北鎌倉駅”
。この映画の影響です。
今も北鎌倉から鎌倉までの散歩コースが至福の時間で、足取り軽やかになる。
小津作品をスクリーンで観れるのならば、是非行かねば!と、観て参りました☆

『小津4K-巨匠が見つめた7つの家族』
の7作品のうち『晩春』を観ました。

『東京暮色』以外は全部観たことあるのでそっちを観るべきなのだけど時間が合いそうになく。。。

笠智衆に原節子。
小津作品ではお馴染みの2人。

父と娘の2人きりの家庭。
婚期を逃した娘を父はしきりに心配し、娘は自分がいなくなった後の父親を密かに案じ。。。

なんてことない静かなお話なんです。
だけど会話が面白い!
父と娘の会話はもちろんなんだけど、私のお気に入りは原節子と月丘夢路のショートケーキが登場するシーン。

原節子はこの時少しばかりナイーブになっていて…。
「アタシが作ったのよ、おあがんなさいよ」
「イヤよ、食べたくないの」
「あら、どうして?美味しいわよ、おあがんなさい、おあがんなさいよ!」
「イヤよ、イヤよ、イヤよ!」

❇︎ちょっと適当入ってます^^;

実際のこの2人の掛け合いがすごく面白いんです。
更に、この時のショートケーキがとっても大きくて白黒映像なのに美味しそうで…
私が食べたいわ 笑

詳しくないので分からないんだけど、昔の映画の音声って独特。
あの感じが好き。
原節子の「ダメよ」とか「イヤよ」とかが特に好き 笑

そんでもって舞台となっている北鎌倉や鎌倉。
昔はあんなだったんだぁ。
私のおばあちゃんちが鎌倉なので、知らない時代だけれどすごく親しみを感じます。


昔のこうゆうのは敷居が高いと思われがちだけど観てみたら絶対に面白いと思います。

あ、でも体調は万全にね☆
心地よ過ぎて睡魔に襲われます♪



2018年劇場鑑賞35本目
>|