ミッション:インポッシブル3の作品情報・感想・評価

ミッション:インポッシブル32006年製作の映画)

MISSION: IMPOSSIBLE III

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.6

「ミッション:インポッシブル3」に投稿された感想・評価

脚本がいまいち。イーサンのパーソナルな部分に肉薄するのはいいけど、代わりにせっかくのチーム感が拡がらずスケール感も今一つ。とは言え、見せ場シーンの引き込みかたはJJらしい安定感。

フィリップ・シーモア・ホフマンの緩急自在で不気味な威圧感が素晴らしいだけに、最後の展開は勿体ない。シリーズ初登場のベンジーはイーサンに「二人で刑務所行きだ」とか言ってて既にこの頃から付き合う気満々だな!あとミシェル・モナハンがどうしてもマイケル・ジャクソンに見えてしまう……

イーサン上司のマスグレイブが『君が生きた証』のビリー・クラダップだったり、『ブレイキング・バッド』のアーロン・ポールがチョイ役で出てたりします。あとマギーQは美しい。
現場から遠のき訓練教官となったイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、婚約者のジュリア・ミード(ミシェル・モナハン)や仲間とのパーティの最中に一本の電話を受ける。 IMFメンバーでイーサンが訓練したリンジー・ファリス(ケリー・ラッセル)がミッション中に犯罪者オーウェン・デイヴィアン(フィリップ・シーモア・ホフマン)に捕らわれたという。仲間の救出のためにミッションを引き受けたがーー。

のちにジュリアもデイヴィアンにとらわれてしまう。感情的になり何でもしちゃう勢いのイーサン。イーサンの良き相棒ルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)から「大胆はいいが、度がすぎるとアホと同じだ」と諭されるほど。

スパイガジェットが今作はピカイチで、いちいち興奮してしまう。それだけじゃなくて、冒頭からの心の掴まれ度もアクションもストーリーもキャストも舞台となる国(イタリア・上海)の美しさも衣装も音楽も、あらゆる点において前二作を凌駕している。

今作にも第1作目から登場するルーサーが登場するのはもちろん、今作から以後すべての作品に登場するペンジー・ダン(サイモン・ペッグ)が初登場。あとはホークアイ(M:Iの役名忘れた)のジェレミー・レナーが出てくれば役者が揃う。。
ソート

ソートの感想・評価

4.3
J・J・エイブラムスがついに。

やっぱトムは短髪がいい

サイモン・ペッグかわいい
KOJO

KOJOの感想・評価

4.0
トムクルーズ走り方かっこよすぎ!

イーサンと婚約者の「なんでそんな(銃の撃ち方に)詳しいの?」のやりとりに笑った。イーサンに見初められるだけあってスパイの才能あるネ!
umuumu

umuumuの感想・評価

4.6
記録用
プロ集団の効率の良いスカッとするミッションはいつ見ても最高ですね

「あれ?2の時の命をかけてまで守った泥棒彼女はどこいった?」ってなりますが、監督が違うのでそんなの関係ないらしいです
きっとどこかで別れたのでしょう

シリーズを重ねるごとにルーサーの信頼度も高くなってきますね

人質をとったりとられたりといった攻防から目が離せませんでした

敵はやっぱりあいつでした
Seiji

Seijiの感想・評価

3.5
トムクルーズすごい
れをん

れをんの感想・評価

3.5
トムクルーズ安定の走り方よ
奥さんも結構な才能あって凄い
頭の中に爆弾は恐怖 入れ方もそっから!?

BSでの3作連続鑑賞は疲れた 後から考える時間もないし 既に2の内容忘れたし

ラスト落ち着いて終わるんだけどエンディングでいつもの曲流れるから休まったハートがまた少し動きだす😂
財前

財前の感想・評価

4.0
これだけ映画館で未鑑賞。
世界興行収入が一番低いのに個人的には一番好きかも。

ユーモアを交えて見所たくさんJ・J・エイブラムス
トムくんの監督選びはいつもナイス。

悪役がシリーズで一番怖くて印象が深いフィリップ・シーモア・ホフマン

まだチョイ役だった初登場サイモン・ペッグ
華を添えるマギー・Qとミシェル・モナハン

監督と役者が良い。

〔CS〕
>|