はい

ザ・フライのはいのレビュー・感想・評価

ザ・フライ(1986年製作の映画)
4.2
わたしが想像していたハエ男(頭がハエで体が人間)よりもドロドロしてました。
ハエ男がどうとかよりもストーリーが良いです。
愛した人が化け物でも愛したい、だけど自分の一部にそれがいるのは耐えられない葛藤や、ハエ男の愛してる人を傷つけたくないけれど人間に戻りたいという苦悩。
最後はもう悲しいしかない…

ドロドロ加減も好き。
一番グロいのは、なんだかんだヒヒの皮膚が翻って出てきたやつではないでしょうか。
鋼の錬金術の人体錬成を思い出した。

女の方の服装がまさに高円寺とかにいそうでよかった!