菩薩

ランボーの菩薩のレビュー・感想・評価

ランボー(1982年製作の映画)
4.1
本来は『タクシードライバー』、『ディアハンター』と並び評されて然るべきところを、2、3のド派手な戦争娯楽アクションのイメージが先行して、埋もれがちなアメリカンニューシネマ的傑作。

ただ飯が食いたいだけなのに、不審者扱いをされ、不適切な取り調べを受ける悲しきランボーの過剰防衛、「ベトナム帰り」の消せない負のレッテルとトマウマ、大佐のなんかムカつくドヤ顔、ランボーの戦争は終わらない。

結局のところ、右腕の傷は本物なの?