ランボーの作品情報・感想・評価

ランボー1982年製作の映画)

FIRST BLOOD

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.7

「ランボー」に投稿された感想・評価

えりみ

えりみの感想・評価

5.0
私のベストムービー♪
ほぼ刷り込みです(^^) 劇場で観たことはありません。当時TVで放送してるのをみてました、何度も何度も。
家にはビデオデッキもなく、TVの副音声が拾えるラジカセ(いちいち古いw)で英語音声をカセットテープに録音し「英語教材」にしていました(^^;繰り返し聞いているとあら不思議!?スラスラ英語が理解出来るようにはなる!と思ってた(大人になってから「スライの英語はネイティブの人でも聞き取りずらい」と聞いてショックを受けたモンですトホホ)
「ランボーナイフ」って名前で通販で出てるサバイバル・ナイフも欲しかったなぁ~(^^

とにかくランボーの哀しい瞳が堪りません!
最初のほうこそ「ランボー無双」のアクション映画としてみてましたが、世界史を勉強したりベトナム戦争をテーマにした映画を多く観るようになると、ベトナム帰還兵の悲哀やアメリカに根強く残る差別の問題などを描いた悲しいドラマとしてみてしまいます。
They drew first blood, not me!
「奴らが先に仕掛けてきたんだ、オレじゃない!」

ラスト、トラウトマン大佐に激白するシーン(スタローンが長台詞言うてるぅぅぅ)は毎度号泣です゚゚(´O`)°゚ ウワーン!!
Nothing is over!
「何も終わってない!」
「ヘリも飛ばしたし戦車もころがした、なのに帰ってきても駐車係の仕事すらないんだっ!
「あいつの脚が見つからないんです・・・

ラストから「It's a long road」が流れ始めるともう涙が止まりません。普段は洋楽のエンディングで字幕歌詞入ってくるの大反対ですが、この作品だけは字幕歌詞要ります。
ラストカット(静止画になる)のランボーの横顔にかかるのが、ちょっと残念ですけど。
2015 10/10 ふおお。こういう映画だと思っていませんでした。なんとなくスタローンを引く文脈のテンションで「えっと。カンフーじゃないほう」みたいなイメージを抱いていましたが全然違ったね…!という感じです。社会派! 受け手の胸に一石を投じる名作でした。寝る前にみてしまったのでちょっとつらいです…。
首領茂

首領茂の感想・評価

5.0
私的戦争映画四天王其の三。時に地味に、時に派手にと緩急をうまくつけている良アクション祭りの中に、”互いを理解しない”がゆえに火花が生じ、それを誰だって持っているプライドや正義感によって燃え上がらせ、結局だれにも止められなくなってしまうという、戦争の原理を見事に浮かび上がらせている。これだけでもすごいのだが、本作はさらに踏み込んで、どうすれば戦争を止めることができるかという問いに、一つの解を出し、無間地獄をさまよっていたランボーにとても悲しく苦しいが他の何よりも確実な救いを与えることに成功しているのである。この領域に達した戦争映画は果たして後にも先にも存在するだろうか。
あんな

あんなの感想・評価

3.5
お父さんと一緒に見た👨‍👧
ランボーが暴れるだけかと思いきや意外と内容は社会派で重い
古い映画を毛嫌いしてたけど、普通に最後まで見られた🙋🏻‍♀️同じ年の映画ならETのが断然おもしろい👽
スタローンを知らないって言ったらお父さんがヒーヒー言ってた
なると

なるとの感想・評価

4.5
ランボーと聞いて、ただランボーが荒れ狂う話だと思った。でもそんな単純な話じゃなく、闇を抱えた悲しき主人公だった。
ベトナム戦争帰りと言われただけで、彼の心情は予測できるが、ラストの彼の悲しきトークは訴えるものがある。
アクションを見ても素晴らしかった。今のアクション映画より、アクションを見せてくれる。
ベトナム戦争の軍人は英雄か否か。この二項対立を意識させられた映画だった。
記録
ランボーも警察も何がしたいのか解らなくて笑った。石ころぶん投げてヘリに命中させ、バランスを崩させるパワープレイ。絶対通過できないであろう森の斜面を意地でも駆け抜けようとするパトカー。無意味にウイリー走行するバイク。ムキムキのくせにネズミの大群にうわぁぁぁぁってなるランボー。死に物狂いで逃げ切ったのに、わざわざもう一度戦いを挑むランボー。全てが愛しい。
「向こうから仕掛けて来たんだ‼️」
このランボーの台詞が残ります。
>|