ランボーの作品情報・感想・評価・動画配信

ランボー1982年製作の映画)

First Blood

上映日:1982年12月18日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.8

「ランボー」に投稿された感想・評価

今更の初見

警官側に感情移入する人も
いるのかなぁ
Abby

Abbyの感想・評価

-
娯楽としては楽しめなかった。

戦争は戦った人間も被害者。

いまだに戦争してる人間って。
Adela

Adelaの感想・評価

3.7
一緒に視聴。

シルヴェスタースタローンがかっこいい

後半に行くまでが長いかも。最後のやりとりにこの映画の意義を感じた

このレビューはネタバレを含みます

ランボー。こんな映画だったとは…

鍛え上げられた筋肉に
ド派手なアクション。
が、とにかくカッコ良すぎる。

無口でWooooooと叫び
野生児の如く自らの正義を貫く
ド派手な映画というイメージに削ぐわない内容であったが、
こんなダークで深い映画だとは…

ある意味戦災孤児のように孤独でベトナム戦争からずっと戦ってきた英雄でも
トラウマとも社会とも戦うしかなかった。
というテーマがかっこいい。
そして悲しい。

始めから捕まったままなら
戦い抜いて負けた方がいい。
→警察との死闘はランボーの生き様。

ロケランぶっぱとか
ガンアクションに
バイクスタントと
1982年当時を体感できるのが楽しい。
→これを当時観てたらみんな憧れるちゃうわ

最後のエンディングも最高。
It's a Long Roadの哀愁がめちゃくちゃ合うな笑


「戦争は終わっていない。まだ続いている。」
今後もランボーとしてスタローンとして
生涯末長く戦い抜いて欲しい。
スタローンのもう一つの代表作。久しぶりに鑑賞。やっぱり面白いわ!多少の古さは仕方ないが、何か特別な能力を使う架空の世界の話ではなく、肉体と頭脳を駆使して警察を翻弄していく様は痛快である。ランボーの使うナイフに思わず憧れを抱いてしまったのを思い出した。 
しかも、ただのアクション映画ではなく、戦争からトラウマを抱え帰還した元兵士の悲しい末路を描いており、きちんと問題提起もしている。この作品は日本でのヒットがきっかけにアメリカでも火が付き、シリーズ化となる。しかも邦題の「ランボー」がパート2からタイトルになったことは、日本人として誇らしい!
兵士の悲しみが痛いほど伝わる映画
ジャングルでの戦闘は静かだが怖さと迫力がある
最後の背中があんなに無双をしてた男とは思えない悲しさとかか弱さを感じる
「まだ終わっちゃいない‼︎戦争は続いてる‼︎」
もか

もかの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

88点

戦争やアクション映画で、ベトナム戦時中のものや、それに影響された映画はたくさん見てきたけど、戦争後のアメリカでのアクションをモチーフにしたシリーズもこの頃出てくる。

ロッキーの時のシルヴェスタースタローンとは、
表情も違っていた。

どうしても自分の街を守りたい(ヒッピーを受け入れなくない)保安官と、戦争から残されて帰還した兵士との闘い。

アメリカを背負って闘ってきた若者が、当時毛嫌いされていたヒッピーと同様に扱われ、「汚い、髭を剃れ、清潔にしろ!!」と言われてしまう始末。

アメリカに帰還しても、孤独のままだというのが感じられた。

それでいうと、アクションではないけど、帰郷もそうだった。
戦争から帰還した時には、妻は別の男とできていた。そして、行き場もなく自殺をする。

今回も、1:200で闘うくらい普通で考えると自殺行為だ。それくらい、孤独だったんだと思うと切ない。そしてその心境をしっかり役にハマらせることができるシルヴェスタースタローンはやっぱ実力がある俳優なんだなと思った。

木で兵器を作ったり、野生動物のように森の中を走り回ったり、状況を観てるだけでなかなか面白い。サバイバルナイフが、この頃流行ったのも理解できた。

このシリーズは制覇したい!と思える作品でした!
masat

masatの感想・評価

3.9
泣き叫ぶラストのスタローンの慟哭。
彼の彼なりな“ヴェトナム”への総括は響く。

2年前に(早くも先手を打った)『エクスタミネーター』(80)のパクリ?と言えなくもないが、それらとは一線を画し、いま観ると単なるアクションと片付けるには、勿体なさ過ぎる豊潤な映画的空間が満ち満ちている。流石、アカデミー・ウィナー。そして次なるシリーズ化に成功しただけのことはある。

冒頭、田舎の湖の近くに降り立つスタローン。かけがえの無い戦友を訪ねて来たが、ヴェトナムに撒き散らした“枯葉剤”の副作用で癌を患い死んでいた。友は黒人だった。やりどころの無い気持ちを目に浮かべるスタローン。“負け犬”の瞳は、まだまだ威力を持っている。心の拠り所を失った茫然自失の彼を、村社会が一方的に暴虐の限りを尽くそうとしていた。

どこへ行っても戦いだ。それは己の呪われた運命との闘いでもある。
一体何のために戦ったのか?彼が守ったこの国は何なのか?
キレの良い映像と過剰なアクションが渦巻く中に的確にコンセプトが響く。

いまや、スタローンの瞳も、ジョン・ヴォイドの瞳も、デ・ニーロ=ウォーケンのそれも、同じに見えた。
戦争は、呪い、だ。人間を深く“破壊”し、生き残ったとて、永遠にその呪いは解けず、へばりついて離れない、人間自らが創り出した“悪霊”なのだ。

いよいよヴェトナムの置き土産、PTSDモノやミッシング・イン・アクションものが、ジャンルムービーと結託する80年代が到来する。

兎にも角にも、この頃のスタローンはホント凄かったんだなあ。クリエイティブにおける絶頂期にあったのが本作だけで良く解る。

また、影の様に登場するトップカットを持つリチャード・クレンナの、個性際立つグリーンベレー上官振りも素晴らしい。バージェス“トレーナー:ミッキー”メレディス同様、後期代表作となった。
こういった忘れ去られつつあるヴェテラン俳優の力を、最大限持ち上げるスタローンの“愛情”も見所の一つだ。
みー

みーの感想・評価

4.2
過去鑑賞作品記録

スタローンはロッキーだけではないよ!
大好きなシリーズ
私の中ではスタローンはランボーです😄

そのシリーズ1作目

ベトナム帰還兵の心情と差別を見事に描いた作品!アクション映画と思われがちですが素晴らしい人間ドラマです。

2作目からはマジすごアクション映画ですけど笑
>|

あなたにおすすめの記事