ランボーの作品情報・感想・評価・動画配信

ランボー1982年製作の映画)

First Blood

上映日:1982年12月18日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.8

「ランボー」に投稿された感想・評価

今更の初見

警官側に感情移入する人も
いるのかなぁ
Yuma

Yumaの感想・評価

4.6
超好き。笑っちゃうくらい強すぎて。
散々人間離れ技見せつけられての最後のシーンは胸熱だった、、、戦争こぇ、、
彼はご飯を食べたかっただけなんだよなまじで
smart

smartの感想・評価

3.9
やはり良い
主人公もまあまあ悪いのに警官に逆らってる感じが素晴らしい。自分が悪いけどシンプルにむかつくから従わない感じがめちゃくちゃ共感した。
何も悪いことしてないのにちょっと怪しいってだけで逮捕されて拷問されたり逃げたら殺されかけたりするのあまりも不憫すぎる 最後のシーンシンプルに可哀想…としか思えない 戦争は悪
ロッキーと双璧を成す、シルヴェスター・スタローンの代表作。特殊部隊出身の不死身男が暴れまくるイメージしかなかったシリーズだけど、この第1作はランボーのベトナム帰還兵としての苦悩を色濃く描き出し、社会派アクションのような仕上がりになっている。国のために戦い、戦争の英雄と呼ばれたランボー。命の駆け引きによって鍛え抜かれた強靭な肉体とは裏腹に、その精神は一般社会の中で残酷なほどの孤独感に苛まれていく。民衆は戦争とは違う方法で彼の人間らしさを奪っていった。ラストの慟哭がいつまでも頭の中に響いている。
acco

accoの感想・評価

3.5
この歳まで怒りのアフガンしか見た事がなかった…。
それだけでランボーという作品を判断してごめんなさい。

2はまだ見ていないんだけど、恐らく、続編になるにつれて娯楽性がましていくんでしょうね。
KaZui

KaZuiの感想・評価

3.8
💬『ランボー(原題:Rambo)』シリーズ1作目。原作は、ディヴィッド・マレルによる『一人だけの軍隊(原題:First Blood)』という小説。原作未読。グリーンベレー出身でベトナム帰還兵のランボー(演:シルヴェスター・スタローン)は、とある田舎町の保安官から不当な扱いを受ける。拷問じみた取り調べによってベトナム時代に受けた拷問がフラッシュバックしたランボーは、保安官達全員を素手で倒して逃走。かくして、ランボーと保安官、州兵、州警察との戦いが始まる。アクションシーンの素晴らしさは言わずもがなだが、思っていたよりも考えさせられる話だった。寡黙だったランボーが終盤に心情を吐露したシーンは心に残る。ベトナム戦争の帰還兵の心の傷、英雄が後ろ指を指される社会が描かれていた。ランボーのベトナム時代の長官であるサミュエル・トラウトマン大佐(演:リチャード・クレンナ)が好きなキャラクターだった。立場上は敵だが、実力を知っているがゆえに高い評価を与えている、というシーンが好きだ。例えば、『ジョン・ウィック:パラベラム(原題:John Wick: Chapter 3 - Parabellum)』にて、コンチネンタルニューヨークの支配人であるウィンストンが掟を破ったジョン・ウィックが生き残る確率について「1400万の賞金がかかり街全体が彼を狙ってる。確率は五分五分だ」と話すシーンのような。この映画でも、保安官とトラウトマン大佐の会話で、「銃を持ったプロを200人から動員してるんだぞ。それでも勝てないって言うのか」「どうしてもって言うなら覚悟がいるぞ」「なんだ?」「死体袋を200用意しておけ」といったやりとりがあり、にやりとしてしまった。

初鑑賞:2021年5月4日
鑑賞方法:動画配信サービス(Netflix)
2021年91本目。
5月8本目。

🗣初めて観ましたが、これは面白い。そして思っていた以上に深いストーリーでした。若き日のスライ格好良い。
Kirocu

Kirocuの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

小さな出来事がどんどん大きな事件になって、どんな結末を迎えるのかと思ってたらまさかの人間ドラマ。この怒涛のアクション映画で最後泣かされるとは微塵も思ってなかった。これも一種のどんでん返しと言ってもいいかも。
アクションは見どころ満載で人間ドラマとしても秀逸。音楽もたまらん。

坑道から脱出して軍用トラックを盗んで検問突破してして走り去ったけど、そのあとなんの邪魔もされずに町に舞い戻ってこれたのがちょっと不思議。
K

Kの感想・評価

3.8
2021/05/12
>|