まろん

ベニスに死すのまろんのレビュー・感想・評価

ベニスに死す(1971年製作の映画)
3.4

初老の作曲家バッハが静養の為にベニスへ向かう途中の旅先でふと見かけてしまった美少年の姿………
その絶世の美しさが頭から離れなくなってしまう………ついその姿を目で探し………気づけば後をついていく始末………
これは愛なのか??
知っているのは初老のみのはず………
そんな彼の心を知ってか知らずか姿を散らつかせる美少年タジオ…タージオ?………

これはただそれだけ?っていうくらいひたすらタジオを追いかける話が大部分…
同性で老人と美少年という設定だけど………異性だったらここまでシンプルな感じではない………時代少なからず古いからアリなのかと思う映画