ベニスに死すの作品情報・感想・評価

「ベニスに死す」に投稿された感想・評価

taka181

taka181の感想・評価

3.6
善良かつ哀しきおじさんストーカー物語。
全部が妄想に見えた。
ベニスに死すに出てくる人、全員帽子かっこいい。衣装もちろん‼ マーラー愛の調べ。

このレビューはネタバレを含みます

ビョルンアンドレセンは大天使だった。
映画はスピードがのっぺりしてて結構好きじゃなかった。
基本無言。
実吉捷郎の訳で本を読むのが良い。
レトリックが秀逸かつトーマス・マンの生理に近いと思う。
その余韻を楽しむための映像であり
本で感覚化、映画で思考化される
それがベニスに死すのながれ。
老作曲家はある日目にした美少年に理想の美を見出す。

本当にただ延々とおっさんが美少年を見続けるだけの映画でだんだんと笑えてきました。
全くもって面白いとかではないんですが不思議と惹かれるような独特な雰囲気があります。
芸術的というのが一番的確かもしれません。

耽美な映画が好きな方にはオススメです。
温八

温八の感想・評価

2.0
旅先で出会った美少年タージオに理想の美を見出した主人公が、疫病の感染を知りながらも彼の姿を追い求め続ける。
フランス映画らしい耽美な雰囲気だが全体的にはかなり退屈であり、途中の主人公のストーカーおじさんぶりにも冷や汗が止まらない。主人公の粘着質な熱視線に気付きながらも真っ直ぐな視線を返すタージオの反応がピュア。
ヨーロッパ中探してキャスティングしたというビョルン・アンドレセンの美しさは伝説に残るだろう。
>|