すず

遠い空の向こうにのすずのレビュー・感想・評価

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)
4.5
1つの夢に向かって走り続けた4人の少年の物語。

何の取り柄もない、やんちゃな少年だったホーマー。
そんな彼が人生を変える出会いを果たす。
それは、自分の住む小さな炭鉱の町も世界の一部なんだと感じさせてくれた人工衛星。
それからというもの、ロケットに心を奪われたホーマーと仲間達。
父親に理解されなくても、何度失敗しても絶対に諦めない4人。
「夢がある」なんて言葉だけじゃ足りないくらい、ワクワクして胸が熱くなるストーリー!
何度もロケットを飛ばし、一喜一憂する4人の姿が本当に素敵!
少年達に力を貸す町の人々、彼らの可能性を信じる先生。
本当に温かい♡
彼らの夢をなかなか理解してくれないホーマーの父。
そんなお父さんが最後に現れたシーンは、ぶわっ(´;ω;`)って泣ける!
結局は似た者親子なんだよね。
父と息子の不器用な親子愛にも泣ける!

少年時代に人生を変える出会いを果たし、大人になってNASAのエンジニアになったホーマー。
素晴らしい人生を自らの手で切り開いた彼には、嫉妬心すら抱いてしまう!
言葉だけじゃ足りないので、是非観て頂きたい作品です(*´ `*)