遠い空の向こうにの作品情報・感想・評価・動画配信

遠い空の向こうに1999年製作の映画)

October Sky

上映日:2000年02月26日

製作国:

上映時間:108分

4.2

「遠い空の向こうに」に投稿された感想・評価

はるか

はるかの感想・評価

4.2
衛星が飛ぶのを見て、ロケット制作を夢見るようになった少年たちの物語。実話ベース。
宇宙を夢見る息子と、危険を伴う炭鉱で働く父親のそれぞれの葛藤と愛情に泣けた。
19歳のジェイクギレンホールが爽やか(^^)
たまんねー
ベタなんだけどね

頑固な親父に似てない様で実はめちゃくちゃ似ている二人

近年のジェイク・ギレンホールとは全く違う
爽やか可愛い姿は新鮮
ロケット製作に打ち込む4人

好きなことのためなら
時間も労力も惜しまず、街の人みんなに馬鹿にされても屈しない。

途中までは、淡々と進んでいくストーリーに少し物足りなさを抱いたけど、しっかり泣かされました笑

あまり多くを語らない父親
厳しさもあり優しくもある
息子の成長を感じたような表情とかイイネ

周りの人たちいい人すぎる
言わずと知れた大名作!
若かりしの日ジェイクの初々しさたるや!
ベタやけどすごくいい
コアラ

コアラの感想・評価

3.6
これが実話だというのが凄い。ストーリーはややご都合感を感じたが、観て良かった映画だった。
shamcafe

shamcafeの感想・評価

3.9
素晴らしいストーリー
タキタ

タキタの感想・評価

4.8
月曜の夜から素晴らしい映画を見た
少年たちが夢を見つけて追いかける映画は昔から好き
始まりから最後までハートフルでした


炭鉱に勤める頑固親父とロケットに熱い思いをかける主人公
ベクトルは違うけどやっぱり親子
その頑固さで大きなことを成し遂げる

初めてロケット打ち上げに成功した瞬間が一番グッときました

原題:October Sky
秋空は綺麗だよね
リトルダンサーもそうだけどどんな環境でも戦い抜いて味方をつけていくの泣いちゃう
Keizysoze

Keizysozeの感想・評価

4.8
【October Sky】
★★★★★ 5/5点。 4.8
10月18日鑑賞。
2020年 345本目。
#‎2‎020映画メモ

ウェストバージニア州の炭鉱町“Coalwood”で育ったホーマーヒッカムが数々の試練を受けながらも信念を貫き、ロケットエンジニアの夢を実現していく実話。


彼の功績は現在のアメリカの国語の教科書にも載せられているそう。

もう十数回観ているが毎回心打たれる。
思い入れのある本当に素晴らしい作品。

大学時代、映画館で本作を観て漠然と航空宇宙の道を目指そうと決めて早20年。

飛行機やロケットの開発に関わる仕事につけて、
今こうして航空宇宙産業のメッカである
シアトルで働くことが出来ている。


「どんなに無謀だと思われるような夢でも
あきらめなければ、必ず実現する」

人生において大切なものを教えてくれた作品。

就活や今のキャリアに悩んでいる人に
是非観て欲しい。


以下は昔のレビュー。
————————————————
【人生心の映画BEST10】
【3位 遠い空の向こうに〜October sky】


この作品は

映画の素晴らしさを教えてくれた作品です。

炭坑夫になる運命に生まれた少年達がスプートニクを見て、
自分もロケットを作りたい!
と奮闘するも、炭坑長の父からは大反対。

一時はあきらめるが周りの支えもあって、
自分で夢実現へのチャンスを切り開いていく。。



これって、本当に夢実現のお手本となるような要素がぎっしりです。


そして、さらに私のハートを鷲掴みにしたのは


この話、全て実話なんです!




主人公であるホーマーヒッカム氏は現在何をしているかというと




自分の夢を実現して
現在はNASAでスペースシャトルエンジニアとして活躍しています。


本当にロケットとばしちゃってるんですよね。


こういう実話系サクセスストーリーは大好物ですね^^


この映画を受けて

「どんなに無謀だと思われるような夢でも
あきらめなければ、必ず実現する!」

ということを教えてくれました。


落ち込んだり自分を見失いそうな時に是非見てほしい映画です^^


ちなみにですが
この原題「October sky」のタイトルは
原作「Rocket Boy」のアナグラムなんですよ。
>|