リトル・ミス・サンシャインの作品情報・感想・評価

「リトル・ミス・サンシャイン」に投稿された感想・評価

Kota

Kotaの感想・評価

4.9
今年200本目。

節目なので、間違いなく僕の人生の中で大切な映画の一つであるこれを見返しました。

初めて見た時にヒューマン映画ってこんなに面白いのかと思いました。それ以来ヒューマン映画が好きになりました。

ただ面白いだけでなく、人間の駄目なところや、人生の上手くいかないところをすごく表現しています。共感できます。

でも人生って家族って素晴らしいよねって思えます。

「本当の負け犬とは、勝てないことを恐れて挑戦もしない奴のことだ。」

人間味あふれる素敵な映画です。明日いいこと起こりそう!
かわいくてまたみたくなる
Riho

Rihoの感想・評価

3.8
ユーモアたっぷりで、最後は心温まる家族映画。
なにかに悩んだり、行き詰まったときに見たくなる。
なんだか勇気が貰えるし、自分らしさについて教えてくれる。
こーき

こーきの感想・評価

3.7
この映画監督は宮崎駿リスペクトらしい。
ITSUKI

ITSUKIの感想・評価

4.0
観てて思わず笑っちゃう
嫌いじゃないです。元気が出ました。でももうちょっと面白く出来たかな?
途中までずっとオリーブに救われてばっかだったけど最後オリーブが家族に助けられる

仲悪いかと思わせて、愛情ふかい
最後のとこ楽しいほんと楽しい
St

Stの感想・評価

4.1
アメリカでもこういうホームドラマを作れるんだと意外に思った。いやぁこれは面白い。アメリカの人でなくとも、この主人公家族に親近感を覚え感情移入してしまう。どこの国の人でもそうだろう。すごくストーリーがシンプルだからこそ、必要以上の知識も文化の理解も特に必要なく楽しめる映画はやはり良い。終盤、ミスコン会場で主人公家族が繰り広げる”ある行動”のシーンは痛快でなかなか楽しい。

ただ、どうにも駆け足気味で展開が雑なとこ(突然長男の色弱が判明する、ミスコンの会場で急に娘の出場を渋り出す父と長男など)があったのが残念。この映画自体103分と短いほうなので、もう少し家族の心情の繊細な変化を感じられる描写があっても良かったのにと思う。

あと本筋とは関係ないが、何気に『ブレイキング・バッド』のウォルターとハンク、『24』のクロエがチョイ役で出演しててニヤッとした。今やオスカー常連のスティーブ・カレルに、悲惨な役を演じることで有名な(?)曲者俳優ポール・ダノまでいるし、実はなかなか憎いキャスティングで映画ファンにはたまらない。
娘がかわいい。バラバラの家族がまとまっていく感じが良かった。
>|