リトル・ミス・サンシャインの作品情報・感想・評価

リトル・ミス・サンシャイン2006年製作の映画)

LITTLE MISS SUNSHINE

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.8

「リトル・ミス・サンシャイン」に投稿された感想・評価

ドタバタしてて、ちょっと忙しい感じです。
旅が家族を一つにしていく行程を描くほのぼのロードコメディームービー。
なぜかTSUTAYAのアイキャッチゾーンによく置かれていて、プッシュされまくっている映画です。

おじいちゃん役のアラン・アーキンはアカデミー助演男優賞を受賞していますが、演技というより、プロットの中の存在感がすごいです。雑なキャラなんですが、この映画の面白いシーンの全ての起点になってるんですね。

ミスコン優勝を目論むぽっちゃり眼鏡の娘役アビゲイル・ブレスリンの無邪気さも記憶に残ります。ニーチェ崇拝の根暗息子ポール・ダノもいい役ですねー。

可愛いくて笑える映画です。
しこね

しこねの感想・評価

4.0
記録。面白い、笑えて好き。
kumik00

kumik00の感想・評価

4.0
ついつい笑って、ほっこりできる映画
そもそもの設定が無茶苦茶な困った人たちが集まってさらに繰り広げられるドタバタパプニングの数々に思わず笑ってしまうけど、その度に力を合わせて乗り越えて家族の絆を深めていく様は感動さえ覚える。

ミスコンでのオリーブの、ノーメイクと着飾らなさぽっちゃり体型は間違いなく一番可愛い!
Yasuka

Yasukaの感想・評価

4.1
めちゃ明るい物語とかってわけでもないんだけど、ふつうにおもしろくて、あったかくて、なんか好きだなーって思える作品でした。

✏️ミスコンに出る娘(アメリカの美の基準に対する批判も含む?)
薬物・タバコの描写
同性愛者
さえ

さえの感想・評価

3.6
ハプニングの起こし方とか、話を展開させるためのきっかけづくりとかがうまい。
しっかりと全員の問題点をスムーズに解決に導いてるのがすごい。
うますぎてなんか心に残りづらいかなー
記録

見てて楽しくなるし、とてもポジティブになる
なんだろ。これ、なんだろ、、w
どんな映画だったのかうまく説明できない。
だけど失敗するのが怖くて挑戦できない負け犬にはなりたくない。

クセ強めのぐちゃぐちゃ家族がどんどん最強家族になってくのにじんわり。

なんか説明できないけどとてもよきでした。心温まる!
おじいちゃん最高すぎ。
そしておじいちゃんの行き方好き。

負け犬っていうのは、負けるのが怖くて挑戦しないやつらのことだ。

泣き笑いって映画で初めてしました。

デコボコ家族、ミスコンに行く。

感動的なシーンがあるわけじゃないのですが、何故か涙が出てきちゃう。どんな映画?って聞かれると説明できないんだけど、とても素敵な映画です。

正直、家族は負け犬かもしれない。
でも、嫌いになれない。好きになっちゃう。こんなの好きになるしかないです笑

おじいちゃんの置き土産、セクシーダンスでほんとに泣いて笑った。
>|