リトル・ミス・サンシャインの作品情報・感想・評価

リトル・ミス・サンシャイン2006年製作の映画)

Little Miss Sunshine

上映日:2006年12月23日

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「リトル・ミス・サンシャイン」に投稿された感想・評価

misa

misaの感想・評価

3.7
とても温かくて元気の出るストーリー。笑いのツボもピッタリ!
ちょっと想像と違ってわりと独特の雰囲気だったけど、素敵な映画でした。

アメリカでよくやっている子どものミスコンて、昔からドン引きします…。
オリーヴ (with G)、よくやった!あなたこそリトル・ミス・サンシャイン!

家族みんなが個性的で、悩みやフラストレーションを抱えてる。
でも全員の体に流れているのは、優しさと、揺るぎない家族への愛情。
おじいちゃんの体には、ヘロインが流れているけれど(笑)

家族のロードムービーを通じて「負け犬」をどう受け止めるかがテーマ。これは観る年齢とか、人生経験によって心に染み入る度合いが変わりそう。

もう少し若い時に観るか、ものすごく弱っている時に観ると、もっともーっと心に刺さったような気がする。
育児にがむしゃら、平穏ボケの私は、割とサラッとした印象しか残らなかった。

でも、本当に素晴らしいテーマである事には変わりないので、元気を出したい時にまた観たいな。

それにしてもアビゲイル・ブレスリンが本当に可愛かった!
うちの娘も眼鏡をかけていて、「アラレちゃんみたいで可愛いよ」と褒めてあげると、すごく喜ぶ(*´-`)
そして、なぜか自分に自信があるのもオリーヴと同じ(笑)
アイドルになりたいんですって(^^;)
弟を観客にし、よく家でコンサートしてます。ジャイアンかよ( ̄▽ ̄;)
よん

よんの感想・評価

-
めっっちゃいい。。。!
超好きだった、なんか説明できないけど
後半特にずっとほっこりしてた。。。

起こる出来事は悲しいことが多いはずなのに
オリーヴ中心にみんなが最終的には明るくなっていって
家族の絆を再確認していって。。。
ステージで踊るところとかほんとによかった。
なんてあったかいんだ。

家族ってこうだといいのかも。
周りの評価とか、冷たい目とか
そんなものにさらされても味方であり続けて
そうしていれば周りの人のなかにも
そんな姿に拍手を送る人が少しはいるんだよな。
P

Pの感想・評価

4.8
‎クレイジーで最高な家族爆誕!!て感じ♡
‎じーちゃんが最高な映画は、最高って決まってんだよ( *˙ω˙*)و
‎孫の不安に最大の愛で答える所大好き♡
‎オリーヴほんまに愛おしい!!

‎うちも昔家族で出かけるときお母さん忘れて出発したことあって、それ思い出して笑った🙌笑
暇な夜中向け
子役の子がとてつもなく魅力的です。
あの子以外の配役はないのではないでしょうか!

お父さんの勝ち組、負け組的な持論も、
伯父さんの哲学も、思春期の嫌気に満ちた自己主張も、一周回って愛にたどり着く感じです。

太陽のような純粋な子供が、凝り固まった大人を一周回して照らします。

深くなりすぎない、問題も投げかけすぎないバランス良い映画です。

社会からはみ出し気味なおじいちゃんですが、愛や人間の根本を大事にする点では優等生です。この人はある意味一周まわってる。

まるちゃんとともぞう的なほっこり感。

感情移入できる等身大がなかった。
そもそも日本人は勝ち組負け組意識は薄いのか、そこが、しっくりこなかった。

でも素敵な映画です!
Queeeen

Queeeenの感想・評価

3.2
一番下の娘、オリーブのミスコンのために
カリフォルニアまで家族でロードトリップ
家族一人一人が問題を抱えていて
それぞれの個性が強くて面白い。笑
ドタバタコメディ
なら

ならの感想・評価

3.8
不幸をかばってくれるのは家族だけだよね。オリーブの出た腹と細い手足にシンパシー。おじいちゃんのフリの回収の仕方がいかにもハリウッドのコメディぽい感じ。
toshayabe

toshayabeの感想・評価

3.9
他人の目を気にせず、なんでも自由にやっちゃうところ、見ててとても気持ちいいですね。他人との競争が全てじゃない。やりたいことをやれば良い。ラストシーンはとてもこころがあたたまりました!
病院から運び出すところと、ステージで踊るところ
mA

mAの感想・評価

3.8
ステージでみんなでダンスするところ好き
MaoKwd

MaoKwdの感想・評価

3.8
過去見
心温まったような記憶ある
スティーブ・カレルが好きです
>|