リトル・ミス・サンシャインの作品情報・感想・評価

リトル・ミス・サンシャイン2006年製作の映画)

LITTLE MISS SUNSHINE

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.8

「リトル・ミス・サンシャイン」に投稿された感想・評価

全員で押しがけした黄色いワゴン

走り出したワゴンは止まらない

遅れないよう追いかけて

ひとりひとり飛び乗って

あともう少しーは掴んで上げて



『リトル・ミス・サンシャイン』
オリーブの夢がみんなの夢になるとき

自分の憂き目も不運もこだわりも

人生の終焉さえもなんのその

誰かの為だけを想い
その純粋を守るためなら

みんなで踊ろうや

色っぽいぞオリーブ♪

じいちゃんも大喜びさ!


『イェーイ!最高!!』
Omerta

Omertaの感想・評価

3.7
‪この何でもあり感が愛おしい。家族の誰もが問題を抱えている。一人の問題を家族全員全力で助けに行く。家族っていいな。‬
‪そしてヘロイン紳士お爺ちゃんのキャラが強すぎる。‬
‪「ガッデムファッキンチキン」‬
‪「ホモ野郎め」‬
‪「負け犬の意味を知ってるか?」‬
なんでこんな簡単に人は死に、みんなあっけらかんとしてるの?
しぇい

しぇいの感想・評価

4.0
家族って基本めんどくさい。

きょうだい・両親と顔を合わせれば、言わなくていいことも言ってしまうし、腹が立てば、遠慮せずそのまま相手に伝えてしまう。

でも、何があっても味方でいてくれる。
コンテスト前日のグランパの言葉が、熱くて泣けました。最後のダンスも同様。無条件に肯定してくれる存在は唯一無二。

おんぼろバスは問題いっぱいの家族と同じ。
そこに必死に乗り込もうとする姿は、「なんだかんだ言っても、この家族の一員だ」というそれぞれの思いの表れのように見えました😊

【印象に残ったシーン】
ファミレスで一人ひとりが、赤いメニュー表を開いているシーン。可愛いくて好きです。
9段階クソモラハラお父さんが踊り出すところが最高に愛情とヤケクソ感があって大好き
ボロボロのワゴンバスがこの家族そのものみたいで良かった少しくらい他と違おうが欠陥があろうがみんな走り出せるんだよってめっちゃ元気もらえる
Minami

Minamiの感想・評価

3.3
前情報なして見たけどどんどん引き込まれて、最後にはファンになってた!
ひな

ひなの感想・評価

-
車押してるシーンがとてもかわいい!でも自分はファンタジーが好きなのかもっておもった
24ハラ

24ハラの感想・評価

4.6
みんな、なんだかんだ家族思いで人間らしくて好き。ちらちら出てくる兄弟愛にすごい共感したし、スティーブ・カレルとポール・ダノのコンビ愛しすぎない?
nami

namiの感想・評価

4.0
家族の絆がすごく伝わった。ありのままの自分で。という気持ちにもさせられた。
おじいちゃんの負け犬に関しての言葉がとても響いた。
>|