リトル・ミス・サンシャインの作品情報・感想・評価

リトル・ミス・サンシャイン2006年製作の映画)

Little Miss Sunshine

上映日:2006年12月23日

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「リトル・ミス・サンシャイン」に投稿された感想・評価

Aoi

Aoiの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

でこぼこ家族が娘のミスコンテスト“リトル・ミス・サンシャイン”に出るべく、おんぼろマイクロバスで遠く離れたカリフォルニアを目指すどたばたロードムービー。

・ぽっちゃりなのにミスコンテストでの優勝に憧れる7才の少女オリーヴ
・自己啓発セミナー講師である父リチャード
・家族をまとめられずタバコをやめられない母シェリル
・愛していた教え子をライバル学者に取られ自殺未遂した伯父フランク
・空軍パイロットになるため無言を貫く兄ドウェイン
・口が悪くて女好き、ヘロイン中毒で老人ホームを追い出された祖父エドウィン

みんなどうしようもないダメな部分があって、世間的に見たら負け犬とも捉えられる家族。でもそれぞれがおぎないあって一致団結していく姿がカッコいい。

勝ちにこだわり、夢が叶うと信じて疑わないアメリカン・ドリーム的精神を持つ父と娘。
それに辟易するプルースト学者の伯父、ニーチェに傾倒する兄のコンビが対照的で面白い。

本当の負け犬は負けるのが怖くて挑戦しないやつら。
普段は汚いことしか言わないおじいちゃんの名言にグッとくる。

バスに飛び乗るところと、アイスを食べると太ると父に脅されてしょんぼりするオリーヴをみんなでかばうシーンが特に好き。
Kaa

Kaaの感想・評価

3.0
ストーリー的には面白そうだと思ったけど、そんなにはねなかった。テーマとなる家族愛もそこまで伝わらない。
オザワ

オザワの感想・評価

3.9
ダブル兄のキャラが良い
ちゃそ

ちゃその感想・評価

3.8
オリーブのお腹かわいい。
the幼児体型。

負け犬は挑戦すらしやん逃げるやつを言うやなぁ...。
なんか、ちょっと元気もらえました。
そおいう映画。

最後のワーゲンバス押すシーンはワンチームやったぞ。
ポールダノ若い

登場人物多い分それぞれの問題解決あっさり感じた
良い映画だった。
ありえねぇだろ!ってツッコミどころも多いけど、映画はこういうもんだよね
ikumi

ikumiの感想・評価

4.2
いやいやこんなんあり得へんやろ!ってことが次々起こるがすんなりと受け入れられる。
これぞ映画だ。と言うかんじ。
オリーヴがぽちゃぽちゃしていて本当に可愛い。ギュウッと抱きしめたくなるね。
最後は笑いながら泣いた
くるみ

くるみの感想・評価

3.0
おじいちゃんが良かった👴笑
まり

まりの感想・評価

4.1
面白かったー!
めっちゃいい映画♡
オリーブ可愛すぎるし
最初は何の話やろ?って感じやけど
どんどん面白くなってくる!
家族愛!おじいちゃん!
最高でした♡
>|