RYAN

ハンニバル・ライジングのRYANのレビュー・感想・評価

ハンニバル・ライジング(2007年製作の映画)
3.0
なんだこれは…
ひどすぎるだろ
ハンニバルシリーズの最後なのに全然面白くない
見るのが苦痛になる。

内容はハンニバルレクターという人肉者の幼少期から青年期を描かれている。どうして、人肉者ハンニバルレクターは生まれたのか、どんな人生を歩んできたのかなどがわかるハンニバルシリーズの大ファンならたまらないものだろう…とおもっていた。

ハンニバルシリーズが大好きな僕は前3作を期待せずにみてドストライクだったのでこの作品をやっとの思いでみたが、これはひどい。
まず、ハンニバルレクターはもつ年寄りでもある。それの幼少期ということは戦時中になる。もはや違う物語に見えて仕方ない。わけのわからない日本人がでてくるが、日本人を演じてるのが少しだけ小雪似の中国人。ここも頭がくるし、ハンニバルレクターの強さの根底には日本の侍がいたなんて…バットマンは許せたがこれは許せない!アンソニーホプキンスはもちろんでてこないしとんだ期待はずれでした‼︎