watarihiro

横道世之介のwatarihiroのレビュー・感想・評価

横道世之介(2013年製作の映画)
4.6
長崎から東京に上京した横道世之介。四月から東京の大学に入学。そこで一平、加藤といった人々と知り合い、そして与謝野翔子というお嬢様と知り合い親密になっていく、、、。

原作未読。
160分という長時間でしたが、すんなりと世界に入り込めました。最初の昔の新宿の映像は衝撃でした。駅名が出てくるまで全くわかりませんでした。

横道世之介の生活だけじゃなく、16年後の世界と交差しながら進んでいくストーリー運びが好きでした。横道世之介の事を笑いながら語っていく描写が良かった。

吉高由里子のお嬢様ぶりが良かった。あの水着姿にはやられました笑 終始癒されましたし、特にあのバーガーショップの笑い方は印象に残った。吉高節炸裂。

終わり方は良すぎて泣きそうになりました。評判が良く、名作として語り継がれるのも納得です。