横道世之介の作品情報・感想・評価

横道世之介2013年製作の映画)

上映日:2013年02月23日

製作国:

上映時間:160分

3.9

「横道世之介」に投稿された感想・評価

つかさ

つかさの感想・評価

4.3
原作のイメージを壊さず映像化していて嬉しかった。
ふとした時に、世之介に会いたくなる
2時間40分もあるから寝ちゃわないかな〜とか思いつつ見始めたらあっという間に見終わった。
多分15分みたら見入ると思う。

時代は80年代でその時代の「照れ」がよく描かれていて、もう、こう、キュンキュンします。
僕的には壁ドン的なキュンキュンよりもこういったもどかしいキュンキュンのが好きです。
とにかく吉高由里子がかわいいです。
最後に遠くのバスの中から吉高が「世之介大好き〜〜!」って叫んでたのがヤバかった。
高良健吾もちょうどいい普通の男役で出過ぎてなくてすごくよかった。
池松くんと高良くんのやり取りが結構笑えたw
バッドエンドでもハッピーエンドでもなく普通エンドみたいな。
あーーー凄く好きですこの映画!!
あずさ

あずさの感想・評価

3.5
ものすごく暖かいはなし。吉高から溢れるお嬢っぽさもとても良かった。
定期的に見たくなる映画だ。
ぱなお

ぱなおの感想・評価

3.4
『蛇にピアス』のあの二人が、また極端に違う役で共演してるのが面白い!と、思ったら、井浦新も出てるとは(°▽°)そして、吉高由里子の愛らしさが爆発してて、『ロボジー』以来の好きなキャラです。やっぱり吉高由里子はちょっと振り切った役で個性が光ると思います。特に、ベルバラを描きながら、まさかの『亡き王女のパヴァーヌ』を鼻歌で歌ってたシーンが好き♡ それにしても、160分もあったなんて…。このての作品って間延び感でそうだけど、感じなかったなぁ。
2015/07/04【auビデオパス】
80年代を背景に、上京した純朴な若者の大学生活を描く。緻密な時代考証と、大学生の実態をリアルに捉えた描写に共感をおぼえる。登場人物たちにも、とても親近感が沸く。鑑賞後、幸せな気持ちになる映画。今回もまた、吉高由里子の存在感の凄さを実感させられた。
KirikoBaba

KirikoBabaの感想・評価

4.0
特に目立つわけでもないのに、ふっと思い出して会いたくなる人いるよねーって人よのすけさん。ほっこり
日本刀

日本刀の感想・評価

4.0
再見。高良健吾と吉高由里子のベストワーク。公園での綾野剛とのスイカのやりとりが最高。じんわりと深い余韻を残す思い出のような作品。
piko

pikoの感想・評価

4.3
青春のなんてことない日々、ふと思い返すと楽しかったかもと思える時代を描いた作品。横道世之介が主人公だが、実は世之介の周りにいる人が中心の物語。世之介はお人好しの天真爛漫で最初から最後まで基本変わらないのだが、周りにいる人達は普通の映画のキャラクターが持つような葛藤を抱えていたりする。世之介はバイトしてサークルして恋愛しての極めてありがちな普通の生活をしているのが他の映画にない主人公キャラ。だから映画全編を通して話を盛り上げる事件的なことはある一つを除いて起こらないのだが、この大学時代・青春時代特有のノビノビ、キラキラした時間がフィルムカメラを通して映し出されていて、ずっと見ていたくなる気持ちにさせられる。また何かズレたようなクスクスさせてくれる笑いが随所にあるのも楽しい。青春映画って得てして人間の成長だとか恋愛の始まり、淡い失恋が描かれるものだけど、それのどれでもない形で何気ないがこの先の人生に影響をそっと与えてる一時を描いて青春としていたのが新鮮で、また少し時間を置いて何度でも見たくなる傑作であった。
>|