横道世之介の作品情報・感想・評価

横道世之介2013年製作の映画)

上映日:2013年02月23日

製作国:

上映時間:160分

3.9

あらすじ

「横道世之介」に投稿された感想・評価

ぱぴこ

ぱぴこの感想・評価

3.5
高良健吾主演、青春ストーリー。

イケメンな高良健吾がイケメンに見えない、、それだけ世之介になりきっています!
普段のヘニョンとした優しい表情から写真展で写真を見る真剣な横顔まで、高良健吾、天晴れです!
そしてヒロインの吉高由里子が本当にいい味出してた。
彼女が画面に出ることで一気にこの映画の華やかさが増してきた。

とても心が温まる作品。
でも少し長すぎたかな💦
あおや

あおやの感想・評価

4.0
久方ぶりの邦画セレクトは鑑賞後なんともいえない充足感に満たされる映画だった。
物語は世之介の学生時代とそれを振り返る友人達の回想シーンふたつから構成される。特になにがあるというわけではないのだが、ほのぼのとした雰囲気と小刻みなシークエンスによって2時間40分はそれほど長く感じない。
世之介は確かに変人である。しかしその純粋さや優しさで溢れる人間性には惹かれる部分が多い。「出会えたことがうれしくて、可笑しくて、そして寂しい」というキャッチコピーそのままに、周囲の人間達の青春の中に世之介は確実に生き続けているのだ。この世之介を演じる高良健吾がまた絶妙で良かった。高良健吾と吉高由里子は『蛇にピアス』で一度観たコンビであるが、今作ではまた違った顔を見せられることとなり、その意味でも楽しむことができた。二人とも才能ある役者であること間違いなし。そしてラバーガール大水が見事なタンバリン捌きと共に出演しているのもナイスチョイス。
づかし

づかしの感想・評価

3.0

本当に平凡な大学生の物語。


[展開]劇的:ーーー★ー:ゆっくり
[物語]新鮮:ー★ーーー:定番


原作が好きな作品だったので、映画はどうなのかと思い、観賞しました。

正直な感想としては、微妙、という印象です。

無駄に長いなと感じるシーンがある一方で、はしょり過ぎに感じるシーンもあって、なおかつ2時間40分。
Mayuko

Mayukoの感想・評価

4.0
好きだなぁ。

普通の人、一人一人にドラマがある。
再レビュー。

慌ただしい昨年末にふと点けたBS放送。
世之介!?横道世之介?大好きなんだ〜♪
観たい!
忙しい、、けど観る!笑
TVの前に座り込む私。。


このバブル手前の80年代後半の時代背景、私にとってはドンピシャなのだ。
長崎から東京へ大学進学で上京して来た、飄々とマイペースな横道世之介(高良健吾)。
実際、周りからちょっと浮いてる⁉︎
でも、全くそんなこと気にしない。
人懐っこくて真っ直ぐで、肝心なとこ鈍感で。
このキャラが最高なのだ!

吉高由里子がまた、天然なお嬢様祥子ちゃんにぴったり。かわいい!
周りの友人達(池松壮亮、朝倉あき、綾野剛、柄本佑etc.)のキャラ立ち、関係性もまたいい感じで、こんな人いるなぁ。。って思える。

ずっとほのぼのした雰囲気かと思いきや、大学中退を余儀なくされたり、性的マイノリティを隠していたり、世之介の周りはそれぞれ悩みを抱えている。
でも、そんな友人達に一切偏見を持たず、フラットに接する世之介。
そのさりげなさが、じんわりくる。。

引っ越した部屋で先々のことを思い男泣きをし出す池松壮亮には、胸が締め付けられたなぁ…。

隣人の江口のりこ、黒田大輔もバイプレーヤーとして良い味出してる!
個人的には、同じく東京の大学4年生で世之介の従兄の黒田大輔がツボだった!(遠い目でタバコの煙を燻らせながら哲学を語ったかと思えば、ねるとんに出るとか…笑)
長崎にいる父親(きたろう)と母親(余貴美子)もナイスなキャスト。

前に観た時は、その無邪気さにハマって、面白い所だけしか見えてなかった。
ほっこり、癒される、、そんな風にこの作品を観ていたんだ。。





ここからネタバレ***




再鑑賞の後に、知ったことがある。

作品の中に時代を映し込むと言えば、"ぐるりのこと"なんかが思い出されるけど、こちらは2001年の新大久保駅乗客転落事故が
下敷きになっているということ。

今作は原作者が吉田修一、監督が沖田修一。
名前は似ているけれど、毛色は全然違う。

吉田修一と言えば、"悪人" " パレード " "さよなら渓谷" "怒り"などが映画化されているが、ちょっとシリアスで鋭くえぐってくるイメージ(というのも全て未見)。
対して沖田修一監督は、"南極料理人" "キツツキと雨" "滝を見にいく" "モヒカン、故郷に帰る"などどこかほっこり路線の人。私は断然、こちらが好み!

で、この化学反応はどうか?というと、前半の世之介ほのぼのパートの印象が強く、事故のことが下敷きにありつつもシリアスになり過ぎず、何とも言えない後味が観た後もずっと続くような、そんな素敵な作品になっていると思う。

ふとしたことからカメラに目覚め、カメラマンになった世之介。
長崎のボートピープルに会ったことをきっかけに、なんちゃってお嬢様を卒業、自分の道を歩き出した祥子。
世之介がいなかったら、彼女の今はない。

人って一人で生きてるんじゃない。
関わり合って、生きてるんだって思う。


切ない思いとともに、やっぱり、世之介ー大好きーって叫びたくなる。


私にとって、とってもパーソナルな、ビター&スイートが入り混じった、忘れがたい作品なのだった。。


♪♪ アジカンの"今を生きて"がエンディングで心に沁みる〜
彼らの歌は、大学生が主人公の映画の主題歌にホント合う。
キャストとアジカン・メンバーが大学生を演じてるMVがまたよい!!
もちこ

もちこの感想・評価

4.0
見てよかったと思えた映画。世之介と祥子さんがいい。
いろんな人いたなぁと学生時代を懐かしんでしまう、そんな作品。
今大活躍の俳優さんたちが出演しているのも嬉しい😊
Toshiya

Toshiyaの感想・評価

5.0
すぐるが勧めてくれた映画
こんな物語の紡ぎ方もあるのか!
後半の'桐島'的なアプローチが特に素晴らしかった。
生きる上で大切なことのほとんどがここにある。
toru

toruの感想・評価

4.0
観てる時間は楽しくて、観終わってから色々考えて愉しめる映画。
大学にこういう人いたなと思いつつ、どんな大人の姿が描かれるのかなと楽しみにしながら観てたけども。。
色んなストーリーが途中のままだから、自分の妄想が膨らんだなぁと。
>|