横道世之介の作品情報・感想・評価

横道世之介2013年製作の映画)

上映日:2013年02月23日

製作国:

上映時間:160分

3.9

あらすじ

「横道世之介」に投稿された感想・評価

pico

picoの感想・評価

5.0
宝物のような映画だ。

加藤が「あいつ(世之介)のことを知ってて得した気分」(←曖昧)と言って、思い出し笑いが止まらないシーンが一番好き。そういうことなんだなー。出逢い別れって、そう考えればすごく幸せなんだなって教えてもらった。

前情報なしで、なんとなくゆるふわ系邦画なのかなって思って観はじめたら、内容の深さにしっかり引き込まれました。
蟻

蟻の感想・評価

4.3
横道とその周りの人々の物語。
田舎から上京してきた大学生の横道、不思議と人を惹きつけるような魅力があり、関わった人はみんな大人になってからもふと横道を思い出す。
描かれるのは大学入学から1年間程度とその後大人になった姿が少し。
その間が凄い気になるし、想像してしまう。
懐かしく、心温まり、少し寂しさも感じる邦画独特の繊細さが際立つ名作。
そして吉高由里子ってやっぱり美人だな、と。
物語の登場人物の事をこんなに好きになれることってなかなかないと思う。沖田監督と前田さんの最強コンビでまた映画撮ってほしいです。
まる

まるの感想・評価

5.0
横道世之介と、世之介に関わった人々の生きた時間を描く。映画に劇的な展開というのはない。時代は変わるも一貫して流れる日本の日常のほのぼのとした空気、世之介という穏やかで優しい人柄が産んだ空気で映画全体が包まれている。映画の2時間はただその濃密な時間に漬けられているだけ、といってもいいのに、結果見終わった時になんとも言えない満たされた気持ちになるのはなぜだろう。何度見てももう一度見たいと思ってしまう作品です。
小説でみた
つかみどころのない、でも平和で楽しくて幸せな映画。見始めると長いとは感じなかった。
役者がみんないい。見終わったこの感覚があれなのか、、エモい。
badhabid

badhabidの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

横道世之介という人物を、彼の青春時代を共にした周囲の人々が回想する話。
ハッキリと起承転結があるわけではないので何となくぼんやりとした印象のまま観終えてしまったのでフィルマークスで他の人のレビューを幾つか読んでみたんだけど、青春の始まりと終わりがテーマなのか、なるほどね~。
自分自身が青春というものに対する思い入れが薄いせいかいまいちピンとこなかったけれども、この映画が一番好きだと言って勧めてくれた友人の感性は何だかすごくいいなと思った。
登場人物全員、情けなかったり矛盾を抱えたりしながらもごく普通の人間で、意地の悪いキャラクターがいない穏やかな世界観だったことも疲れずに観られて良かった。
長かったし、起伏も少ない緩やかな映画だったけれど飽きたりだれることなく、実際の収録時間程の長さを感じさせない作品だった。
薄味だけど、鑑賞後はラストシーンの余韻もあって、爽やかな気分になれる一本だった。
サビ抜きのアルトマンなりPTA感めちゃ好き。

過去と今のクロスカットがひたすらエモい。
特に最初の昔池松からの今池松が本気にゾワる。

吉高のベタベタな白鳥キャラもブサかわでハマる。

この内容でこの時間持たすのは確かにすげー。
役者と本が最高。
Yousaku

Yousakuの感想・評価

4.1
「豊か」とはこういうことを言うのだろうと。
生きたい。
ゆるーく時間が流れてほっこりした。
最後の坂のシーンよかったなぁ
>|