横道世之介の作品情報・感想・評価

横道世之介2013年製作の映画)

上映日:2013年02月23日

製作国:

上映時間:160分

3.9

「横道世之介」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

5.0
見るの3回目で、見るたびに好きになっている。
思わず、これから先の人生でこれより好きな映画が出てくることはないかもって思ってしまう。

賛否両論ある作品だけど、綾野剛の劇中のセリフっぽく言うと、この映画を知ってるってことでなんか得した気分になることはあると思うので一見の価値はあるし、見てどう感じたか話し合いたい作品。

一つ一つの会話や仕草(吉高由里子の食べる仕草、お絵描き、カーテンに隠れる仕草、高良くんが池松くんのアパートであわあわする感じ、2人の名前の呼び合い、故郷の夜の散歩からの海でのやり取り、ホワイトクリスマスのアパートでのやり取り等々あげだしたらキリがない)が多幸感に満ちてて胸がいっぱいになる。

また、単なるノスタルジーに終始するのではなく、「過去」を振り返ることが「現在」を生きる活力になるんだということも示していて素敵

「生きてる幸せを見ることができるのは、そこから遠く離れた人だけなのかもしれません。幸せの真っ最中の本人はきっと気づくことさえないのです」っていうフレーズを思い出させる傑作
KURI

KURIの感想・評価

4.0
すごく好き!法政が使われてるし、笑えるところもあって、世之介のキャラクターも好きだし、出てくる人みんな好きになるし、なんだか懐かしい気持ちになるし、切ない気持ちになる。なんとなく春に観たい作品。
ほっこりするいい話だけど、3時間弱は長くしすぎかもとも思った。登場人物の個性がみんな光ってみえたのも、豪華な俳優陣が固めてたからかな。
わっせ

わっせの感想・評価

4.5
ええなぁ

ファーストカット。雑踏のなかで、ちょっと待たされて、ひょっこり世之介があらわれる。正確には、こいつが世之介だと一目でわかる。まるで友達との待ち合わせに遅刻して、それでもあんまり気にしない人みたいな登場の仕方。そこで僕らは多分、友達と出会えた安心感と、うれしさみたいなのを感じるんだと思う。
普通なら隙の多いカットなのに、それが人情でカバーされてる、かなり好きなカットだった。

原作がかなりいいらしい。原作がいいだけ、映画単体の良さが失われるかもしれないが、原作の雰囲気を損なわずに映像化しているだけでもかなり傑作と言えるのでは。
ただ、映画そのものの良さで言えば、『南極料理人』『モヒカン~』の方が同監督の作品ではより完成されているか。くどいカットが多かった。

吉高由里子、苦手だったけどありだと思える。

朝倉あきに看取られて、葬式で成仏できずに霊のまま参列者に「あの喪服の女、俺の未亡人だぜ」って言いふらしてまわりたい。
けい

けいの感想・評価

4.0
シュール雰囲気がすき一人暮らししてみたくなる登場人物がみんな好き
t

tの感想・評価

3.6
子供できたら世之介って名前付けたい
高良健吾可愛いしかっこいいしで、観た後結婚してるか調べた(笑)
劇的な展開はないけど見ていられる雰囲気
意外とサンバがいい役割してた笑
最後の切ないとことアジカンよかった!
>|