横道世之介の作品情報・感想・評価

横道世之介2013年製作の映画)

上映日:2013年02月23日

製作国:

上映時間:160分

3.9

あらすじ

「横道世之介」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

5.0
見るの3回目で、見るたびに好きになっている。
思わず、これから先の人生でこれより好きな映画が出てくることはないかもって思ってしまう。

賛否両論ある作品だけど、綾野剛の劇中のセリフっぽく言うと、この映画を知ってるってことでなんか得した気分になることはあると思うので一見の価値はあるし、見てどう感じたか話し合いたい作品。

一つ一つの会話や仕草(吉高由里子の食べる仕草、お絵描き、カーテンに隠れる仕草、高良くんが池松くんのアパートであわあわする感じ、2人の名前の呼び合い、故郷の夜の散歩からの海でのやり取り、ホワイトクリスマスのアパートでのやり取り等々あげだしたらキリがない)が多幸感に満ちてて胸がいっぱいになる。

また、単なるノスタルジーに終始するのではなく、「過去」を振り返ることが「現在」を生きる活力になるんだということも示していて素敵

「生きてる幸せを見ることができるのは、そこから遠く離れた人だけなのかもしれません。幸せの真っ最中の本人はきっと気づくことさえないのです」っていうフレーズを思い出させる傑作
ほっこりした
横道世之介ってより、縦道田之助

ほんわかしており、あたたかい気分になれたのは暖房をつけたからではないだろう
かの

かのの感想・評価

3.8
笑顔になるようなエピソードばかりなのに、世之介を取り巻く人々の記憶を通して彼を見ているうちに 懐かしくて切ない気持ちになった。
世之介になりたい、、
結構長かったけど見れた
世之介が愛しすぎる
キャストも豪華だし温かい気持ちになれる映画
あー最高に幸せになれた!
世之介、最高
私も世之介に出逢いたかった
小説原作でこんなに期待以上だったの初めてかも
全ての瞬間が愛おしかった
りきや

りきやの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

良い。

今年もやっとこさ映画始めました。そして今年はさっそくいい映画に出逢えました。

「横道世之介」なんだこのタイトル?くらいにしかおもってなかったけど観終わった後このタイトルが愛らしくて仕方ないです。エンドロールで余韻に浸ってる時に涙が出てくる作品久々です。またこの映画のリズムがなんともいえない…時間軸の混ぜ方がうまい。沖田監督作品他のも観てみよう。2019年いいスタートです。
ゆ

ゆの感想・評価

3.5
世之介に会いたい。
KMD

KMDの感想・評価

3.5
エモい、眩しすぎて直視出来ない。やり直せるなら俺だってこんな青春を送りたいさね。
>|