Dachiko

日本の首領 野望篇のDachikoのレビュー・感想・評価

日本の首領 野望篇(1977年製作の映画)
3.0
「この世は生まれてくるものと死んでいくもので出来上がっておる。だがしかし儂は絶対に死なんぞ。」

という佐倉の悲痛な宣言で幕を閉じる今作はとても重厚なやくざ作品。何せ実在する暴力団事件を脚色して作っているのだから当たり前だ。派手さはないがリアリティのある和製ゴッドファーザーとでも言えるのではないか。

ただ、見るのにはだいぶ体力がいる。人名が多く飛び交い、場面があちこち移るので物語の展開に置いてかれそうになるのだ。加えて事件が起きてもとても淡々と次の場面へと変わるので途中で飽きてしまいそうになる。

それでも最後まで観れたのはひとえに三船敏郎の上品な存在感のお陰。次回作もその恩恵を借りて見たいと思う。ちなみに今作はシリーズ第2弾らしかったのだが、知らなくても問題なく見れた。