日本の首領 野望篇の作品情報・感想・評価

「日本の首領 野望篇」に投稿された感想・評価

Dachiko

Dachikoの感想・評価

3.0
「この世は生まれてくるものと死んでいくもので出来上がっておる。だがしかし儂は絶対に死なんぞ。」

という佐倉の悲痛な宣言で幕を閉じる今作はとても重厚なやくざ作品。何せ実在する暴力団事件を脚色して作っているのだから当たり前だ。派手さはないがリアリティのある和製ゴッドファーザーとでも言えるのではないか。

ただ、見るのにはだいぶ体力がいる。人名が多く飛び交い、場面があちこち移るので物語の展開に置いてかれそうになるのだ。加えて事件が起きてもとても淡々と次の場面へと変わるので途中で飽きてしまいそうになる。

それでも最後まで観れたのはひとえに三船敏郎の上品な存在感のお陰。次回作もその恩恵を借りて見たいと思う。ちなみに今作はシリーズ第2弾らしかったのだが、知らなくても問題なく見れた。
トシ

トシの感想・評価

3.3
往年の大スターが勢揃い 中でも佐分利信 圧倒的なな存在感と渋さ いいところは松方弘樹がもっていった。ユセフトルコの胡散臭いこと 。
temmacho

temmachoの感想・評価

3.2
シリーズ第二弾。

暴力による全国制覇に失敗した「中島組」は政治家に擦り寄り関東進出を狙う…

山口組三代目をモチーフにした和製ゴッド・ファーザー。
東宝から《三船敏郎》がゲスト出演し、《松方弘樹》《菅原文太》などの東映スターとの競演が珍しい。
前作より楽しめた!
傑作三部作

日本の"ゴッドファーザー"は仁義なき戦い…ではなく本三部作

三船敏郎、佐分利信、菅原文太etc.👍
いとそ

いとその感想・評価

3.3
東映の実録についに!三船敏郎が!ってかデヴィ夫人がモデルのキャラを勝手にあんなことしちゃっていいの?
しるば

しるばの感想・評価

3.7
ヤクザ映画ってのはどうしてこうも豪華なんだ…
豪華キャストに圧倒される
どこまで実話なんでしょうかとわくわくしながら観るのが実録ものの楽しみですね。中島組って監督の名前からなんですか、その中島組の関東進出の話ですが、政治や大企業がからんだこわい話でした。デヴィ夫人をモデルにした話もあり、これどこまで本当なんだとググりながら観ちゃいましたよ。小津の佐分利と黒澤の三船の共演にはしびれましたね。重厚感たっぷりでした。
>|