みおこし

トイ・ソルジャーのみおこしのレビュー・感想・評価

トイ・ソルジャー(1991年製作の映画)
3.7
80年代の残り香を伴った懐かい雰囲気がたまらない青春アクション映画。未見だったのですが、ようやく鑑賞!!

全寮制の高校に通う判事の息子の命と引き換えに獄中の仲間の釈放を求め、コロンビアから来たテロリストグループが学校を占拠。外部との接触は断たれ、爆弾も仕掛けられた校内で彼らは生徒たちを人質に取るが、リーダーのビリーをはじめとする悪ガキ集団は決死の覚悟で戦いを挑むことに...。

皆さん書いていらっしゃるようにまさに『ダイ・ハード』と『グーニーズ』の融合!とはいえ、後者よりももっとシリアスな描写も多く、手に汗握る展開にハラハラドキドキ。主演のショーン・アスティンはじめ、『スタンド・バイ・ミー』でおなじみのウィル・ウィートンも出ていたりと、80年代映画ファンにはたまらない取り合わせ。脇を固める大人の俳優さんたちもこれまたすごくて、『愛と青春の旅立ち』のルイス・ゴセット・ジュニアと『フルメタル・ジャケット』のR・リー・アーメイの元祖教官コンビも登場(笑)。

一見悪ガキに見えるビリーたちが、いざとなったら正義に燃えて、子供達らしいユニークな方法でテロリストグループを撃退する姿は清々しいし、笑えるところもたくさんありました。
それだけでなく、ホロリとなるシーンもあって、観終わった後に心洗われる映画でした。青春映画もアクション映画も好きな人にはとってもオススメ!

リメイクしないかな〜。