mingo

宝石泥棒のmingoのレビュー・感想・評価

宝石泥棒(1962年製作の映画)
4.1
「あなたはもう私の心を盗んでしまった。恋の泥棒ですよ」全員が盗人クズ野郎でベッタベタな台詞展開ながらも、めくるめく衣装の連続に、入れ替わる宝石の行方、欲望に左右される恋愛感情、随所に遊び心をキラキラ詰め込んだ戦後エンタメ最後の巨匠(今勝手に名付けました)梅次先生のサスペンス恋愛劇の傑作。川口野添船越山本(若尾)いつもの大映黄金期の豪華俳優は見飽きるどころかこいつらの作品何本あるんやと思わされるのと同時に、船越の演技の幅広さ、川口の男前さ、山本の妖艶な色気、野添のお茶目さ、ロメールのような色使いの衣装と相まって、全員が愛おしい。もちろん万能俳優菅原謙次もお忘れなく。アテネやめてこっちにして正解だった、、、これはお気に作品として家に置いておきたい。心を映画泥棒に盗られてしまった、