タラコフスキー

断絶のタラコフスキーのレビュー・感想・評価

断絶(1971年製作の映画)
3.3
アメリカンニューシネマに興味を持ち始めた頃に一回見たはずだったけど記憶が薄れていたので再び鑑賞。

どうやら記憶が薄かったのは自分の肌に合わなかったかららしく、ほとんどロードムービーにレース要素を混ぜたって感じの映画だけど、この気怠い演出で時間が長く感じられていくらか良さ気なシーンもあったとはいえ睡魔に耐えるのがキツかった。

でも後のヴェンダースやジャームッシュ的雰囲気もそこはかとなく感じられて、故に好きな人間は好きだろうってのはよくわかるしカルト的人気を誇った理由もわからないでもない。