霧の猫

ヴァージン・スーサイズの霧の猫のレビュー・感想・評価

ヴァージン・スーサイズ(1999年製作の映画)
3.5
ソフィア・コッポラ監督の長編デビュー作。ほほ~う。
女流監督なので、映像は綺麗に・・。
ただ、私の理解力不足か、なにを訴えているかということがいまいち、わからなかった。
普通なら、厳しい両親にルールでがんじがらめにされたら、嫌になると思うけど・・。K・ダンスト中心で話しが進んでいくが、他の姉妹のことはおきざり・・?悲しい結末になるまでの過程がもう少し欲しい気もします。彼女達姉妹のこころの葛藤に・・。