みゅうちょび

リメンバー・ミーのみゅうちょびのレビュー・感想・評価

リメンバー・ミー(2010年製作の映画)
3.3
知識ゼロで観たので、ちょとした恋愛ものかと思ったが、出だしからちょっとショッキングだったな。
ニューヨークでも指折りの弁護士を父に持つ青年タイラー。最愛の兄を自殺で失い、家族や小さな妹の事にも無関心な父に対する怒りはそのまま社会に向けられる。妹が同級生たちからイジメを受け、心に大きな傷を負う事件をきっかけに、見えなかった家族の絆が見え始めるが…

久しぶりに吸い込まれるような衝撃を受けるエンディングだった。

人が日々、人と関わり、夢や希望を持って生きて行く事の意味を最後の最後にガーーんと掘り下げてくるのにびっくり。

ロバート・パティンソンはとてもいい俳優だと思う。父親役のピアース・ブロスナンも凄く良かった!

知識無しでみる事をお勧めします。