しょうた

エンゼル・ハートのしょうたのレビュー・感想・評価

エンゼル・ハート(1987年製作の映画)
3.8
ハードボイルド漂いながらのミステリーかと思いきや‥見事なオカルトホラー。
私立探偵に謎の男が高額な依頼をする。大戦後に行方不明になった人気歌手を探してほしいと‥早速調査に乗り出すが‥。

ミステリータッチで怪しく展開。遭遇する惨劇に巻き込まれていく見せ方は怖いけど面白く引き込まれていく‥光、影、音楽、流血、叫び声とうまく組み合わせた映像は見事に怖く演出している。
当時アメリカで上映した時にあまりに怖さに観客の一人が心臓発作を起こしたという噂を聞いた事あります。


私立探偵演じるミッキーローク。まだこの頃はキレイでロングコートが凄く似合う。後半の感情を爆発させる叫び声が忘れらない。
依頼人演じるロバートデニーロ。ヒゲ面で怪しい存在感。彼の一つ一つ動作に物語のヒント与えてる。杖をつく姿。妙に長い爪。ゆで卵の食べ方。
ラストになった時にやっとこれらのヒントに気づきました。