Haman

シザーハンズのHamanのレビュー・感想・評価

シザーハンズ(1990年製作の映画)
4.0
ウィノナ・ライダーの眼球が少女漫画みたくキラキラの爛々でエグいほどに光輝いていたから隣にいる血色悪いハサミ男よりも人間味がなかった。

お城から町に下りてきたエドワードがかなりすんなりと人々に受け入れられ、奇異の目もあるけれど人気者だったりするご陽気加減がスゴいよかった。可哀想だからっていう同情心もだけど両手ハサミの男がいたらまずスゲェーーーカッチョ良い!!!って思っちゃうものね。
そこからの集団心理ってのが最怖ではあるのだけど。

両手がハサミゆえに近付きたい相手ほど傷付けてしまうヤマアラシのジレンマってやつをまんま体現したお涙頂戴話なんだけど、エドワードは虐げられたらちゃんとキレるし嫉妬もバチバチであと一歩踏み外したらそれこそ殺戮悪魔の誕生になってそうなとこまで描いていてトキメいた。ラストもけっこうな力技のギリギリchopでお伽噺に留めてある。

金髪ロングも悪くないけどやっぱりウィノナ・ライダーは『エイリアン4』の短髪黒髪が至高。