シザーハンズの作品情報・感想・評価

シザーハンズ1990年製作の映画)

Edward Scissorhands

上映日:1991年07月13日

製作国:

上映時間:98分

3.8

あらすじ

「シザーハンズ」に投稿された感想・評価

iceblue

iceblueの感想・評価

4.0
ずっと観たいと思いつつようやくの鑑賞。

他の部分はちゃんと造ってくれたのに、なぜか手の部分がハサミの人造人間。だからこそ生まれるおかしみや哀しみ。ティム・バートンらしくビターでちょっとダークなファンタジー。そして恋愛モノの名作と言えるかも。

カラフルな街の薄っぺらい住人達とのやりとりはコメディのよう。でも次第に彼のハサミが文字通り凶器になってしまう。
何と言ってもエドワードの怯えたような哀愁漂う瞳が素晴らしいです。無口な役柄だからこそジョニー・デップの繊細な表情の演技がキュンとして切ない。久々に見たウィノナも初々しくて可愛い。
なぜウィノナライダーをブロンドにした😅
TNB

TNBの感想・評価

3.4
突っこみたいところはいっぱいあるけど、受け入れ早すぎ、緩すぎ。両手がハサミの人がいたらまず逃げる気がする。
特徴をユニーク・個性と捉える考え方がこの時からあったのかという点においては感心した。
内心突っ込みながら見てたらすぐ終わってしまったので知らないうちにストーリーに引き込まれていたのかなと。
ウィノナライダーは可愛かった
シシカバブ食べたい
null

nullの感想・評価

4.6
間違いなし
絶対また見ると思う
ジョニーデップ 若い‼
子供との懐かし映画
初めて映画館で観た洋画作品がこの作品。当時中学生だったような,..洋画のスケールの大きさに感動した。この映画が洋画好きになるきっかけになった映画と言える。ジョニーデップという俳優を初めて知った作品だが、この映画のキャラクターがその後のジョニデの基礎になったのではと思える作品。街並みとか家など外国の暮らしに憧れを抱いた。バッドエンドではないけどハッピーエンドでもない切ないファンタジー作品。
>|