シザーハンズの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

シザーハンズ1990年製作の映画)

Edward Scissorhands

上映日:1991年07月13日

製作国:

上映時間:98分

3.8

あらすじ

「シザーハンズ」に投稿された感想・評価

純粋な心を傷つけるほど理不尽な映画はない とってもつらかった 星をつけがたい
心の綺麗な少年が汚い人間に嵌められていく様子見るに耐えなかった

ヒロインの彼氏、野次馬主婦達、大嫌い
Pepeppe

Pepeppeの感想・評価

4.3
ジョニーデップ強化週間

やっと見れたシザーハンズ
ウィノナも出てたのは知らず、2人の若さに驚いた

切ないけども、美しくよかった
alaflan

alaflanの感想・評価

4.1
ごっつええ話で切ないけど
キチガイは人や世間と関わらないのが吉なのかとめっちゃ呆然とした…
dokie

dokieの感想・評価

4.0
発明家により作られたエドワード。彼の手はハサミであり、人が住んでいない城に1人でいた。そんな中化粧品のセールスをしていたペグに会い、彼女の家で暮らすことに。娘のキムに恋をするように…
ジョニーデップが初々しいですね!エドワードは最初怖いイメージでしたが、映画を観て純粋で心優しい青年で印象が変わりました!
中学の時英語の授業で見た
ストーリーはふつう、ジョニーデップが演技上手い
有名作品なのに見たことがなく、だいぶ前に録画してたのを発見したため、吹替版にて鑑賞。

若い頃のジョニーデップの出世作品?というイメージだけが先行していた。
そういえば私、パイレーツシリーズも見たことないんだよなぁ、、
ち個人的に名作を見よう週間でも始めようかな。

想像していたより、コメディ・ロマンス要素も多く、だいぶ見やすかった。

最後が切ないってよく聞いたことがあったけど、なるほどな〜ってなった。
みんな幸せになってほしい…
制作年度1990年。この時代でこのクオリティ、純粋に素晴らしいと思った。
トラ男

トラ男の感想・評価

4.2
ずっと見ようと思って中々見れてなかった作品。

町の人たちが最初すんなり受け入れてたのが驚きだったけど、その後の胸糞の悪さは健在。
ラストは切ない反面、スカッともする。

雪が降る理由は結構好き。
ピーター・トラヴァースという映画評論家がこの映画について「『シザーハンズ』は完璧ではない。それよりももっといい、まさに魔法だ」と述べていますが、本当にその通りだと思います。言ってしまえば本来ジョニー・デップの手のハサミとかだってチープな物かもしれません。けどそのチープさがこの映画にとって弱点になるでしょうか。少なくとも僕はそれを弱点として捉える人とは友達にはなりたくありません(笑)。

ジョニー・デップの見事な衣装と少年の様な無垢さを最高に表現した演技、ダイアン・ウィーストの聖母の様に愛情溢れる母を最高に表現した演技、ヴィンセント・プライスの優しさを見事に表現した演技、ウィノナ・ライダーの可愛らしさ、などなど。この映画には人を幸せにし、夢や希望を与える物に溢れかえっています。ジャン・コクトーの「美女と野獣」を思い出させてくれます。しかもジョニー・デップが演じているエドワードが犯罪に巻き込まれるシーンには見事にサスペンスの要素も取り入れられています。

この映画はファンタジーは勿論、恋愛もあり、ヒューマンドラマもあり、さっきも言ったようなサスペンスもあり、これらをティム・バートンは105分という短い時間の中に見事に詰め込んでいます。これらの要素のどれかが極端に強くなり過ぎてる事もなく、弱くなり過ぎてる事も無い、全体として本当に調和のとれた、まさに魔法です。
Tether

Tetherの感想・評価

3.1
小学生の時に家族でみて衝撃的だった
人間ってどこまでも汚いよな〜って