amok

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃のamokのレビュー・感想・評価

3.5
エピソード1から10年後の世界。
アナキン・スカイウォーカー(後のダースベイダー)青年期の話。
アナキン、君はジェダイの修行を積み、すっかり逞しい青年へと成長したね。
幼少期に出逢ったパドメとの10年ぶりの再会。その再会に胸をトキメかせる君がとても微笑ましかった。でも、2人はジェダイと議員と言う責任のある立場。それぞれの任務や戒律から許されぬ恋。それでも抑えられない思い。その葛藤に苦しむ君がとても悲しかった。そんな時に訪れるお母さんとの死別。多感な時期に経験した最も大切な人との別れ。その別れが君にもたらした絶望は計り知れない。無力感から必要以上に力を求めてしまう気持ちもわかる。でも、アナキン。お母さんが亡くなったのは君のせいじゃない。そんなに自分を責めないで欲しい。僕は君の事がとても心配だ。僕だけじゃない、パドメやオビ=ワン、そして、他のジェダイたちもみんな君を心配してる。