EVO

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃のEVOのレビュー・感想・評価

3.8
最後の大戦は大満足だがそれまでは、、、


3、そして旧三部作へと繋がる本作。
何故アナキンがダークサイドに堕ちたのかという疑問に、決定打は未だないもののフラグが随所に散りばめられ、
ベイダーの右手が機械だった理由や
ボバフェット誕生の理由など
シリーズを通して見てきた人には嬉しい見所があったと思う。

またクライマックスでは
様々なジェダイが集合し、地上を埋め尽くすほどのバトルドロイド、味方として助けにきたストームトルーパー、
と前作よりスケールアップしたド迫力の地上戦が行われ、大いに盛り上がった。
特にヨーダvs伯爵ではそのヨーダの外見からは想像も付かなかった殺陣が見ることができ大興奮。

これらを描く為に製作順を変えたとするなら納得である。
ファンの人たちも待った甲斐があったと感激したのではないだろうか。

とここまで書くと良い感じだが、上記したのはだいたいが物語の後半のことだ。


本作、前半は正直退屈に近かった。
前作と違い今回はハッキリとアナキン君が主人公していた。だが彼の幼稚な行動やパドメとのラブシーンは見ているこっちが恥ずかしくなるほどであった。
後にダースベイダーとなる男のこんな情けない姿は見たくはなかったのだ。



ということで作品を総合的に見るとアナキン君の失態(?)が減点ポイント。