結湖

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃の結湖のレビュー・感想・評価

3.8
今年最大のお祭り『スター・ウォーズ フォースの覚醒』に向けて、あえて時系列で復習。
エピソード2は成長したアナキン・スカイウォーカー(ヘイデン・クリステンセン)とアミダラ(ナタリー・ポートマン)の禁断の恋を軸に、師であるオビ=ワン・ケノービ(ユアン・マクレガー)に無鉄砲さを諌められ、なかなか実力を認めてもらえないアナキンの葛藤や苦悩が描かれ、暗躍するシスの暗黒卿、ダース・シディアスの狙いもチラホラと見えてきます。

今作は6作のなかでもこれ以上ないくらいラブロマスがメインですが、アナキンの生い立ちがそうさせるのか、結構なこじらせ男子。暗黒面がチラチラと見え隠れしてまいりました。
スター・ウォーズって音楽でその先を示唆する演出がありますよね。アナキンの今後を知っているなら、さり気なく交じるあのテーマにどきりとします。知ってるけど、それでもやっぱね~。
だがしかし!今作の一番の見所といえば、戦うマスター・ヨーダ!!!最強のジェダイの戦う姿をようやく見ることができて、公開当時も興奮したものでした。
あと、賞金稼ぎのジャンゴ・フェット(テムエラ・モリソン)とボバ・フェット(ダニエル・ローガン)。旧三部作を鑑賞済みならば、おおお!ってなるよね。
スター・ウォーズのはメインのキャラクターだけじゃなくて、様々なキャラクターの変遷やつながりを見ることができるのも魅力。やっぱり、面白いなぁ。
2015/12/15:オンデマンド(字幕)