スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃の作品情報・感想・評価

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃2002年製作の映画)

Star Wars: Episode II - Attack of the Clones

上映日:2002年07月13日

製作国:

上映時間:142分

3.7

あらすじ

「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」に投稿された感想・評価

口を開けばパドメ口説くアナキンと、ちょっと抜けてるオビワンに、ちゃんとフォースして…って思ったりもしたけど楽しかったです。
AYK

AYKの感想・評価

3.0

マスターヨーダ強い!笑っちゃうくらい強かった!笑
旧三部作はそれぞれの惑星に個性があって、惑星から別の惑星に移動する時には明確な場面転換感があって、宇宙は特別な空間だったのが好きだった。
あー

あーの感想・評価

3.7
成長したアナキンがなぁ〜

好みでないのよ。

と心のライトセーバーを振り下ろす!

ぶぅうん。

とはいえ、4〜を知ってるから
観ていくうちに3は!?
どう4に繋がっていくの!?と
ワクワクしちゃうのは繋ぎとして
やはり面白いと思う。

が、一気観しちゃうと
ヨーダの機敏カッコいい‼️と
アナキン、パドメおめでとう‼️

しか出てこない。゚(゚´Д`゚)゚。

オビ=ワンの1人ミッションは好きw


やはり4に繋げる為とはいえ、
アナキンの性格が苦手ゆえに内容も
覚えられてないな〜

君に必要なのは、謙虚だ‼️
あっ

あっの感想・評価

-
過去鑑賞
ラストカットでC-3POとR2-D2が一段と好きになった
めちゃくちゃかわいかった
waka

wakaの感想・評価

3.3
ヨーダw
FRANCIS

FRANCISの感想・評価

3.1
激動のクローン大戦開幕編。

前作の10年後、成長したアナキンとパドメ。前作でアナキンを演じたジェイク・ロイドは降板し、ヘイデン・クリステンセンに交代。

アクションシーンの見せ場は増えたが、ストーリー面や演出面での稚拙さも所々目につく。

仕事人間のルーカスが語る愛のテーマは不慣れさに満ちている。また、現代的で複雑な若者像を描こうとした演技を志向したヘイデンに対して、幼さを残したように演じるように命じたルーカス。パドメがアナキンに惹かれていった理由が顔意外に思い当たらない..

クローン大戦になかなか至らない前半のテンポの悪さは否めないものの、後半の畳み掛けるようなアクションの連続、メイス・ウィンドウの紫のライトセーバーには胸踊らされる。

ジョン・ウィリアムズの音楽は『帝国の逆襲』以来の力の入りようで、本作の愛のテーマ、『Across the Stars』は、切なく美しいシリーズ屈指の名曲である。
>|