スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃の作品情報・感想・評価・動画配信

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃2002年製作の映画)

Star Wars: Episode II - Attack of the Clones

上映日:2002年07月13日

製作国:

上映時間:142分

3.8

あらすじ

「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」に投稿された感想・評価

たけち

たけちの感想・評価

4.0
ヨーダ強すぎ、、

このレビューはネタバレを含みます

2020.10.19
さらっと流れていくけど退位後とはいえ前女王、現元老院議員にたいするナブー側のセキュリティのゆるさ…!そして女王は任期制で退位したあと代議院になれちゃうってすごいですねえ。

2016 2/12
つまりこの子は社会から奴隷か戦士かの二択しか与えられなかったんだなあと思うとアナキンのNGさがなんともこう…。


2014 4/29
アナキンのパドメに対するぐいぐいさがなんか…なんか…!
ひで

ひでの感想・評価

4.5
鑑賞記録
てるこ

てるこの感想・評価

2.9
今回のお話は、
・シディアスの印象付け。
 お口もとが完全に最高議長
 パルパティーン(=元老院を支配)
・力を持つが故に傲慢になって
 しまったパダワンはダークサイド
 落ちするという布石
・アナキンの精神の未熟さから
 繋がる暗黒面と、殺戮後に流れる
 ダース・ベイダーのテーマ

アナキンという青年をゆっくり描いた、危うくも心惹かれるドラマの回でした。。。


↓以下、鑑賞中のメモ

未だにフォースの暗黒面が何か分からぬ。

か、影武者~!!コーデー!!
この仕組みそろそろバレるものじゃないの?笑
というより、話の構成的にコーデ死亡により、影武者設定を解除したかったのかもしれない。
ナタリーポートマンの美しさ半端じゃない。

アニー早速メンヘラちゃんだ~。
メンヘラダークサイド

ユアン・マクレガーええなぁと思って他の映画調べてみたら、最近だと、美女と野獣のルミエール演じていた。
hank06

hank06の感想・評価

3.2
ヨーダが戦うところめっちゃ好き
中盤あたりで場面がころころ変わるのが個人的に微妙だと思ったのと、アナキンが自分語り多い自己評価過多系のナルシストで感情移入が出来なく、周りにおだてられて調子に乗ってるのが見てて痛々しかった
ただそんなアナキンに振り回されるオビワンの苦労人感は好きだし、ラストの大バトルは言わずもがな
大きく成長したアナキンは、
反抗期ヤンデレ一途自信過剰青年へと
進化を遂げていた。
これにはオビワン師匠もタジタジ。
個人的に思っていたアナキン像と違っていて
ちょっとだけびっくりした。
ジェダイ大戦争は楽しかった。
ただ要所要所の杜撰な計画というか、
そうはならんやろポイントがあったのが残念。
ybjb

ybjbの感想・評価

3.0
Fワードを言わないサミュエルが見たかったらこれ(たぶん他にも沢山ある
>|

似ている作品