aneragas

スリーパーのaneragasのレビュー・感想・評価

スリーパー(1973年製作の映画)
-
冒頭クレジットの軽快なサウンドから一転して、近未来的な不思議な世界へ。
ウディアレンのSF?? 一体どんな感じなの⁇ と思う矢先、
200年前に凍結された人間がアルミホイル剥がされて目覚める。逆に歩いたりゴム手袋食べたり車いすで遊んだり。やっぱり彼の映画でした。ポップな音楽がこの変な世界と絶妙にマッチして、良い。

「脳は2番目に好きな所だ」
「すぐ駐車できて変だと思った」
「ポラロイドは今100万ドルかな」

台詞がいちいち面白い。
とてつもなくくだらないんだけど、それを良しとするか否かで賛否は分かれるでしょう。
私は、嫌いじゃないです、この感じ。むしろウディアレンが可愛く思えた。笑