ロバート山口

ビターコーヒーライフのロバート山口のレビュー・感想・評価

ビターコーヒーライフ(2012年製作の映画)
1.0
なんだろう?これは映画なのかな。ちゃんと劇場で公開された作品なのかな…などなど観賞中思いながら観てました。

厳しいんです何もかも。下手な演技、平凡なカット割、説明の多い台詞、安っぽい音楽、適当な衣装・小道具…いろいろありすぎて(困惑)。

結構ベテランの監督なんですけどね。疑問点ばかりの映画でした。スイマセン。

(※結局、秋吉久美子は何だったんだろう?)