ゆきの

恋は邪魔者のゆきののレビュー・感想・評価

恋は邪魔者(2003年製作の映画)
3.5
レニーゼルウィガーって、凄く綺麗!って言うわけじゃないし至って普通なんだけど、とってもキュートで等身大の女性だからこそブリジットジョーンズが人気なのも分かる。
さて今作は60年代がテーマでとてもレトロポップ♡
こんな時代のニューヨークに生まれたかった…と羨むくらいカラフルに彩られた街が舞台。

お話はへへって笑っちゃうくらいのラブコメでした。相手をギャフンと言わせようと近づいたらなんだか楽しくて本気の恋しちゃった的なあれです。(なんか悔しいから内容は適当に書きました)
オマージュ作品らしいので元ネタも手に入れば見てみたいと思います。


この、へへっとしたくなる話のなにが良いって、60年代風笑ったら真っ白な歯がチラッと覗く、ユアンマクレガーのキュートなスマイルが炸裂する所です。
女たらしそうな笑顔と、インテリぶった黒縁メガネ、全身黒に決めて足首から真っ赤なソックスがちらりとのぞかせたスタイルでモンキーダンス。
たまりません。
最初から最後までユアンの魅力大全開で良かったんですが、作風に似合わず下ネタ的な編集するのはいただけませんでした。まる