西木寸

真実の行方の西木寸のレビュー・感想・評価

真実の行方(1996年製作の映画)
3.8
オチはもしかしたら...と想定の付くものであるし、ストーリーも決して斬新なものではない。
しかし、終始惹きつけられる...

作中に漂う名作の雰囲気。
視覚的にも強烈に突きつける事件。
今、見ている表面は本当に真実か?
何か惹きつけられる容疑者を演じる、エドワード・ノートンの演技力。
そして、わずかに浮遊する正解のない問い。

上映中の「ブリッジ・オブ・スパイ」にも共通したものがあったが、
弁護士として、法的なroleに忠実である事と、人間的なmoralに忠実である事、一体どちらが正義なんだろうか??