すー

真実の行方のすーのレビュー・感想・評価

真実の行方(1996年製作の映画)
3.1
かなり高評価が多いが、後味がすっきりする映画とは言い難い。
ノンフィクションならばこういうエンディングでもよいのだが、フィクションでこういったすっきりしない終わり方は個人的に好きではないのでこの評価。

個人的に裁判ものが好きでミステリアスらしさのものが好きだったのだが、この話はミステリーっぽくないというかある程度話が見えてしまった。

面白くはないとは言えないが、面白いとは言えない。大学の講義とかで見せられそうな映画。