つるぴ

沈黙の標的のつるぴのレビュー・感想・評価

沈黙の標的(2003年製作の映画)
-
2020/05/31

麻薬組織に妻を殺された考古学者。伝説の盗賊で武術の達人という過去の封印を解き放ち、中国・アメリカ・ブルガリア・フランスと敵を討つ!炸裂マーシャルアーツ壮絶アクション!

中国高校遺跡発掘の第一人者であるイエール大教授のロバート・バーンズ(スティーブン・セガール)は、新たな発掘現場である国境付近の遺跡で、発掘品が中国マフィアの麻薬密輸に利用されていることを知ってしまう。助手を連れ国境へ逃げるバーンズだったが、追っ手に彼女を殺され、彼自身、殺人と麻薬密輸で中国当局に逮捕されてしまう。取り調べにあたった香港麻薬取締局のトミー・リン(ミシェル・ゴー)と、米国麻薬取締局のエド・グレイ(コーリイ・ジョンソン)は、彼をオトリに利用しようと釈放、彼はアメリカへ帰国する。秘密を知らされた組織はバーンズを消そうと次々と暗殺者を送り込む。執拗に追ってくる刺客をかわし彼は危機を切り抜けるが、ついには最愛の妻が犠牲に...。復讐を誓ったバーンズは封印していた過去を呼び覚ます。彼はかつて“ゴースト”と呼ばれる伝説の強盗だったのだ。怒りの炎を燃やす男の復讐劇が今始まる!


“戦いとは敵を欺くことなり” 孫子「兵法書」

午前1時59分 日曜 ブルガリア ソフィア

助手が撃たれちゃう。

奥さん、テレビで夫の逮捕を見て、カップを落とした。(割れない)

友情が生まれてた←
そして、釈放された。

奥さんとレストランでごはんを食べていると…

〝我らが考古学者はよほど揉め事を起こしたいようだ。〟

復讐は命を懸けて行うと誓う。
カッパー航空に頼む。

〝なんだか、奴が好きになってきた。〟
〝私もよ。〟

無茶苦茶な運転で質問攻め。

あの時のキングさんを出してやって欲しいと。

〝とても麻雀やりに来たようには見えない。〟

首チョンパ。


〝後ろ姿を追いかけていた時より、今の方が彼を理解しているとはあたしにはとても言えない。でも、あんな人に会ったのは初めてだったし、どこを探しても他には見つからないわ。〟