ストロベリーショートケイクスの作品情報・感想・評価

「ストロベリーショートケイクス」に投稿された感想・評価

kyon

kyonの感想・評価

3.5
様々な背景を持つ女性を描いた作品を観るとき、大体2つのパターンに分かれる。

1つは、そのうちの誰かに感情移入して、自分を投影するパターン。もう1つは、誰か1人ではなくて、それぞれの女性の断片がふとしたとき重なって、人間の多面性を感じるパターン。この作品は後者だった。

デリヘルの秋代、その電話番をする里子、OLのちひろ、イラストレーターの塔子。

漫画原作だけど、細部にある描写が丁寧で、こう映したいとかこう撮りたいとか、監督の目線が見えてきていいなぁと思いながら観る。

例えば、かんざしのように使われる塔子の筆やトイレでパンツを下ろしながらスニーカーを脱ぐ里子の仕草、ちひろのピンクの勝負下着、秋代のラフなTシャツにジーパン姿。

あとは時代が見える携帯の形や音、ファッション。部屋の家具の感じや台詞たち。

「誰かの女になりたいです。」
「スペシャルな人のスペシャルになりたい。」
「恋でもしたいっすね〜」

(池脇千鶴が出てる作品は観ちゃうよね。)

どれも、1つ1つははっきりしないけれど、全体を通してみると作品の輪郭を成している。


映画の彼女たちはすごく、曖昧な表情、心情を見せる。
日常の中の物事に憤り、哀しみ、いじらしくそれを隠す。

そういった、女性たちのプライベートを映そうとした作品のような気がする。

特に塔子の吐き出す行為は観ていて苦しかった。それは作家としてある意味自らの中から吐き出す行為と重ねられているような気がして、そんな彼女が作者自身であり、さらに”ただ自分の作品を大切にしてほしいだけなんだ”とふいに口にしたから。

ああ、わかる。

大切にしたい、されたい気持ち。

だから彼女の作品が里子に見つけられ、秋代のもとにたどりついて良かったと思う。

ふう、2時間観るためのエネルギーを使う作品だった笑
saho

sahoの感想・評価

4.0
“神様なんかいらないよ”

200%女性向けの映画。
いろいろしんどいけど、すごく好き。
後味が「南瓜とマヨネーズ」の時と同じ、と思ったら原作者が同じだった。。。納得。
デリヘル受付、デリヘル嬢、OL、イラストレーターの女性4人の交差するストーリー。

それぞれが抱える闇、誰かにぶつけたいけどぶつけられない思い。願うだけではどうにもならない願い。
きっとこの映画は、いかに彼女たちの生活がリアルに感じられるか感じられないかで、賛否が分かれると思うんだけど、私はとても好き。
この映画が相当ハマった私って、結構やばいかも。笑

とにかくデリヘル嬢秋代の菊池への片思いが辛すぎて、一番入り込んでしまった…。
あそこで謝るのはずるいだろ!と思ったら、秋代も同じこと思ってて「だよね〜」って思わず口にしてしまったw
“菊池が触れた私の体、誰も触るな”はすげぇ。
あの最後のサシ飲みはだいぶ見ててしんどい…。
けど最後に「神様なんかいらないよ」と、清々しい表情で笑う秋代を見て、私も勇気をもらった。
強く生きる女性は逞しい。

90本目 / 2019
mio

mioの感想・評価

3.8
みんな擦り減らしながら生きてるんだなあ。
棺桶のテーブル…
菊池の触った私の体他の誰も触んな はすごい。尊い。
AmiSato

AmiSatoの感想・評価

4.6
こういう映画が観たかった。
人生山あり谷ありってよく言うけど、その谷の部分を存分に写してくれてた。
主人公4人のうちの何人かは、人生どん底でどうしようもなくて何のために生きてるのかも分からなくて、ただただ時間が過ぎるのを待つだけの日々を送ってるように見えた。あの遣る瀬無い感じ、経験したことあるけどほんとに絶望しかない。
でも最後はみんなそれぞれの道を見出したみたいで、安心した。
こういうタイプの映画ってほとんどハッピーエンドにならないけど、この映画はそうじゃなかったのが新鮮だったな。
漫画が好き過ぎて。
女の人はショートケーキみたいに甘くもろい
momotaro

momotaroの感想・評価

2.9
・綺麗なところばかりではない、人間の複雑な部分が見えた気がした。
・誰だって心に抱えているものがあるんだなぁ。
・不安定ながらも毎日生きているんだよなぁ。
kotomi

kotomiの感想・評価

3.0
煙草が吸いたくなる映画
R

Rの感想・評価

3.3
加瀬亮
>|