バニー・レークは行方不明の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「バニー・レークは行方不明」に投稿された感想・評価

そんなに面白いかなー!?
KOTO

KOTOの感想・評価

4.1
うちの子が消えたのよ。
靴下とはわけが違うわ
へいゆ

へいゆの感想・評価

5.0
引っ越ししてきた保育園初日に娘が行方不明になる話

犯人誰なの?そもそも娘いたの?母の虚言か?など想像しながら楽しめるやつでだいたいこの手の映画はオチが想像つくものですが、もう見るからにサイコ系の登場人物が何人かいてワロタみたいになる。
だがしかし、何個か予想したうちの読み通りの展開になっていくものの、その想像レベルをけっこう越えるサイコパス具合で終盤ずっと目が釘付けでした。
ミスリードポイントもたくさんあるし、伏線も散らばっているような気がしてもう一回観たくなる丁寧な作り込みだと思います。音楽やカメラ構図も好きだしオープニングクレジット演出もオシャレ、ポスターも好みで全体的に愛せるな
超面白かった!

ブランコ乗りたくなっちゃう映画No.1
前から観たかった作品。とても面白かった。観終わった後、速攻でもう1回始めから観ちゃった。2回観たくなるストーリー。長めのカットによって何かが起こりそう感があったのと音楽も良かった。ヒッチコックの「バルカン超特急」とか好きな人は本作も好きだと思う。個人的にはこっちの方が好き。2001年宇宙の旅の船長出てる。
軽くストーリーを予測して、軽く裏切られる

見やすいけど、少しハラハラもする

子を想う母は強い。良かったね
なすび

なすびの感想・評価

4.0
アップトゥザスカーイ!!!!アップトゥザスカーイ!!!ハイヤー!!!ハイヤー!!!ハイヤー!!!!ハイヤー!!!!!!!!!ハイヤー!!!!!!!!!!ハイヤー!!!!!!!!!ハ

いつかブランコでバニーレークごっこしたいです!笑笑 あんなストイックにブランコしてる大人(子どもでも)いないな笑

「ハウスジャックビルト」見ても思ったけど、本当の狂人はまじで狂人だとわからない。頭がいいから巧妙にふつうの人のふりをしてるのが怖い。誰が本当の狂人なのか誰が嘘をついてるのか…わからないよー😱

バニーちゃんもあんま表情なくてけっこうこわい

ソールバスってすごいんだな
https://youtu.be/qqM3McG4-LE
reo1975

reo1975の感想・評価

3.5
父親が借りてきました。
開始20分ぐらいで父親は寝落ちしましたが
私は行方不明になったバニーが本当に誘拐されたのか?もともと存在しなかったのかが気になって最後まで見ました。

確かに前半は少し退屈でした。
それに登場人物が少ないので犯人は、すぐに分かると思う。
私は分からなかったけど(笑)

警察はバニーが元々存在しなかった子供だと疑っていたけれど
私はヒロインが、そんなに不安定な性格に見えなかった。
もっとちゃんと捜査しろよーと思っていたら

後半からの怒涛の展開に驚く!!
真犯人の突然の豹変でストーリーが突然、動き出します。
そこからが面白かったです。

ラストのブランコのシーンがけっこう印象的だったなー
タイトルロールがおしゃれ。
こうかな?ああかな?…といろんなパターンの真相を想像、そしてヒヤヒヤに続く。

でも、いきなり!と取って付けた感じもした。
お茶

お茶の感想・評価

4.2
アメリカからイギリスに引っ越してきたシングルマザーのアン。
保育園初日、娘のバニー・レークが行方不明に!
保育園の中でもバニーを見た者は誰もおらず、家にあったはずのバニーの持ち物はすべて無くなっていた
最初は犯人を探していた警察も、バニー・レークは実在しなくて全てアンの虚言では?と疑いの目を向ける
兄のスティーブンは必死にアンを庇い、犯人探しに協力する

皆あやしい!
犯人は一体誰なのか?もしかして本当にアンの虚言…?

事件の真相が分かった時、狂気に戦慄…!

期待通り、素敵なサスペンス映画でした✨
白黒映画って、なんだかとても引き込まれる
アメリカからイギリスに引っ越したばかりで誰も顔見知りがいないとゆう序盤の設定だが、娘がいなくなったのは全て母親の虚言で、最初から娘など存在してないのではないか?と観客をミスリードさせる中盤までの流れだが、警察だってアメリカ大使館経由で身元照会くらいするに決まってるでしょ?

その過程で真犯人(序盤で簡単に察しがつきます)の動機の説明にもなっている精神科への通院歴も一応疑って調べるだろうに。

その真犯人にしても母娘が渡英するまでそこに住んで働き、犯行の計画性もあるわけだから、終盤でいきなり異常性格者に変貌する展開も思いっきり不自然だった。

ミッシング物って、序盤の謎の引き付けがいいからか、似たような話が何本も作られてるが、ディテールと犯行の動機と背景をしっかりやらないととんでもなく失敗すると改めて思った。