wakako

ブラック・ムーンのwakakoのレビュー・感想・評価

ブラック・ムーン(1975年製作の映画)
3.3
近隣TSUTAYAでは見つからなかった本作を地元レンタル店がクラシックコーナーと自称するカルトコーナーにて発見。以前マクナイーマが奉られていた位置に飾られていたので少し期待を込めレンタルしました。

ルイ・マル監督作は初見でしたが想像以上の訳の分からなさにファンタジックな世界感。あ、でもグロいシーンも多々あるのでダークファンタジー。
戦時下に描かれるスケールの小さな不思議の国のアリスといったところでしょうか。

劇中セリフが非常に少ないのですがやっと誰かが言葉を発したかと思えばそれがさらなる混乱を招く。
中でもユニコーンがぺちゃくちゃと口数多く話しますが、こんなブサイクなユニコーンは見たことがない。ドロッとした緑ベースの虹色でぽっちゃりおデブ。もはや愛おしい。

ストーリーは難解ですが映像は美しく、途中から流し見てましたが中途半端に記憶に媚びりついていて鑑賞後すぐ寝たら悪夢にうなされそう...。