Angeprunelle

あの子を探してのAngeprunelleのネタバレレビュー・内容・結末

あの子を探して(1999年製作の映画)
3.7

このレビューはネタバレを含みます

日の差す位置で下校ってのがゆるくて好きだ♡

大地と共に生きてる感じがたまらない✧

チョークは一日一本。
大切に大切に・・・

切実に純粋に健気にお金を欲する子供達。
生きてゆくためにどうしても必要なのだ。

大人の融通の効かない対応や
冷たくあしらう態度に淋しくなり
ご飯を恵んでくれる大人に
多少救われたりもする。

子供が子供の先生になり成長してゆく物語。

当たり前にカラフルなものに囲まれている私達。

カラフルなチョークにあんなに感動出来る彼女達が
羨ましい✧

「なにかいいもの・・・いろんなものをいっぱい・・・綺麗なもの・・・」

どんないいものがあるか知らない
どんな綺麗なものがあるか知らない
ずーっと小さな村で生きて来たホエクの
精一杯の愛が詰まった
「花とか・・・」にウルッ。

村にいても街にいてもこの世で一番綺麗なものは
きっとお花かもしれない。

そして花を綺麗と思えるホエクみたいな人間も・・・♡