あの子を探してのネタバレレビュー・内容・結末

「あの子を探して」に投稿されたネタバレ・内容・結末

また知らない世界だ
街を彷徨うホエクーの顔がいい..

NOT ONE LESS 以上に あの子を探して になっていったんだろうな、という涙
学ぶことがあたりまえではない子どもたちが、黒板に様ざまな色のチョークで一文字一文字書きこんでゆくラストシーンに涙がとまらなかった。
カラフルな文字で満ちた黒板のように、
あの農村部に子どもたちの笑顔が咲きほこるといいな...
ずっとずっと張り詰めた状況に置かれていたウェイ・ミンジがやっと解放された瞬間の美しさ。その涙の雄弁さに震えてしまう。最近はやけに涙腺が緩くなってしまったのだけど、これは本当に泣く。
1999年のチャン・イーモウ作品。

あの素人の子供達からあんな演技を引きだせるとは。プロに対しても台本をその日分のペラ1枚しか渡さないのが普通の中国映画だからこそだろうか。素人を使った映画というのは世界中で作られているが、自分の観る範囲では中国映画が多い印象がありクォリティも高く、何かノウハウでもあるのかと思うほど。

同じ中国のリー・ルイジン監督『ぼくたちの家に帰ろう』も主役の子供が2人とも素人で、監督は彼等と共同生活をしてカメラに慣れさせ自然な演技が出来るよう時間をかけたと読んだ。

本作については「あの子を探してができるまで」というメイキングが別に発売されているので、それを観ると分るのかもしれない。

山奥の僻地にあるボロボロの小学校に、中学も出ていない13歳の少女ミンジが1か月の代用教員として赴任してくる。そんな子供しかこの地では教師のなり手がないと嘆く村長と自分だって何カ月も給料が出ていないと話す教師。

いかにもしぶしぶお金の為にという態度の彼女が、期限中に生徒が減らなかったらボーナスをもらえると言う条件の為に出稼ぎに出た子供ホエクーを都会に捜しに行く。小学3年生の子供が家の為に出稼ぎに行くという貧しさ。世界中に蔓延する経済格差のスパイラル構造がひと目でわかるエピソードである。そこに組み込まれた子供達に突きつけられる過酷さは、駅で見失った工員の女の子との金をめぐるやりとりにも見てとれる。

一方で、街へのバス賃を稼ぐのに何個のレンガを何時間運べばよいかを計算する授業の様子は本来の教育の在り方を、いじめっ子で充分嫌われていただろう男子を連れ戻すことに疑問も迷いもないクラスメイトの行動は我々が子供に望む純粋さが込められていた。

代用教員といえどもミンジもたった13歳。日本の中学なら1,2年生である。授業もまともに出来ないし、街に行くお金を最初生徒に無理矢理出させたり勝手にレンガを運ぶ辺りは13歳の子供でしかない。「先生」と思えば腹立たしいが、そんな「子供」しか成り手がない現実を受け止めるしかなかった。

街に出ても思い付く方法は拙く、そこで出会った人達は決してやさしくはない。それでも彼女はホエクーをみつけることを諦めない、そのたくましさには感動を覚えるほど。この映画の一番の見どころは、ホエクーを捜すことによって13歳の少女が成長してゆく過程にある。

黒板に書いた子供達とそしてホエクーの3文字に託したラストシーンが素晴らしい。わずか13歳の少女が本当の「老師(先生)」に近づいたことを子供たちの笑顔が祝福していることに胸が熱くなった。

国や政治、文化風習を問わず社会にある問題を描いた作品は枚挙にいとまがない。もちろん悲劇を悲劇のまま苦しみを苦しみのまま描くいわゆる社会派ドラマも数多くあるが、こうして観賞後に暖かいものを残すものとして完成させたチャン・イーモウの手腕はヴェネツィア国際映画祭金獅子賞にふさわしいと思う。
日の差す位置で下校ってのがゆるくて好きだ♡

大地と共に生きてる感じがたまらない✧

チョークは一日一本。
大切に大切に・・・

切実に純粋に健気にお金を欲する子供達。
生きてゆくためにどうしても必要なのだ。

大人の融通の効かない対応や
冷たくあしらう態度に淋しくなり
ご飯を恵んでくれる大人に
多少救われたりもする。

子供が子供の先生になり成長してゆく物語。

当たり前にカラフルなものに囲まれている私達。

カラフルなチョークにあんなに感動出来る彼女達が
羨ましい✧

「なにかいいもの・・・いろんなものをいっぱい・・・綺麗なもの・・・」

どんないいものがあるか知らない
どんな綺麗なものがあるか知らない
ずーっと小さな村で生きて来たホエクの
精一杯の愛が詰まった
「花とか・・・」にウルッ。

村にいても街にいてもこの世で一番綺麗なものは
きっとお花かもしれない。

そして花を綺麗と思えるホエクみたいな人間も・・・♡
お金ありきな場面が多くて悲しくなる…
見終わったあと、1999年の映画なんだと素直に驚きました。

先生と生徒の初々しさがうまく生かされてる映画で、村長とは比べ物にならないほど立派なウェイ先生に「自分も頑張らないと」と思わずにはいられません。

ちゃんと村長がお金を自分の懐に入れたりせずに学校の再建と生徒の借金返済に使うことになって良かったです!!
泣いた泣いた。
最初は半ば意地で探して、でも次第に本当に心配になっていく。でもそれに視聴者が気付くのはテレビ出演のシーンから。

素敵な映画だった。
エンドロールも美しい。
学校の講義で。自宅でDVDで見てたら早々に切ってたと思う。でも、時間が経てば経つほど引き込まれて、途中泣きそうになってしまった。
テレビ局の局長さんが出てきたところから流れは変わり始めて、心地よい。ただ私の心が歪んでるからかな(笑)、村長さんが素直にお金を村のために使うとは思ってなかったから、そこがスムーズに行ってちょっと驚きー。でも、村長さんもいい人で、村も良い方向に向かって良かった!
中国の貧しい山村で先生をすることになった13歳の少女が行方不明になった自分の生徒を探しに行くというストーリー。実際の生徒を使っており、ほとんどのキャストは素人である。ゆえに山村の生徒たちは皆すれてなく、いい意味で小汚い。だからこそ自然な演技が引き出されている。

13歳の少女ミンジは頑固で曲がったことは嫌いであり、生徒に対しても「これは先生が言ってたんだから」とまじめに反論する。きれいに板書し、やんちゃな男の子を真っ向から非難する。そんな彼女の授業を最初は全く聞く耳持たなった生徒たちが、失踪した少年ホエクーを探すという目的の元に一つになる。街までの運賃の計算、それを稼ぐための見積もりの算出で今までできていなかった授業がちゃんとできているのは上手い演出である。

中国の貧富の格差は当時は今もってなお拡大中であろう。持つものと持たざるものの格差は教育によって再生産され、さらなる格差につながっていく。これがチャン・イーモウ監督の伝えたかったテーマだろう。「おら東京さ行ぐだ」さながらの物的格差が存在していたと考えても差し支えないだろう。ラストの展開はハッピーエンドすぎて腑に落ちないのは否めないが、物語のテーマが一貫していてスッと心に響く作品であった。
>|