ピートロ

ボビーに首ったけのピートロのレビュー・感想・評価

ボビーに首ったけ(1985年製作の映画)
3.5
タマフルで紹介されていたので観ました。舌っ足らずな主人公、気障な台詞、当時の「ナウさ」に満ちた演出などにより、どうしても斜めに観てしまいますが、ある種の「輝き」とは「刹那性」(夏休み、バイク、高校中退)によってより際立つものだということを実感。